原発性アルドステロン症

症状:血圧の上昇が主な症状として挙げられます。 他にも、倦怠感、筋力の低下、のどの渇きからくる多飲、多尿などの症状が現れます。


甲状腺がん

症状:発症初期では自覚症状はほとんど現れません。 痛みを伴わない頸部にしこりがあったり、のどに違和感が現れ、精密検査を受けることによって偶然発見されることがあります。


中枢性尿崩症

症状:のどの乾き、多尿が主な症状です。 唾液が出にくくなるため大量の水分を補給します。冷たい飲み物や氷水を好み、水分が補給できない状況になると脱水症状となり、ショック状態や低血圧を引き起こすこともあります。


バーター症候群

症状:小児の場合、発育不全がみられます。 他にも、のどの渇き、尿が多くなる、筋力が低下する、精神発達の遅滞が生じます。さらに、脱水症状を引き起こす場合もあります。


特発性間質性肺炎

症状:痰を伴わない乾いた咳が出る、歩行、入浴、排便時などに呼吸がしづらくなるなどの初期症状が現れます。 はっきりとした自覚症状が現れにくく、長い時間をかけて症状が現れる病気であることから、症状が進行してから気付くことが多くなっています。


特発性肺線維症

症状:痰を伴わない乾いた咳が出る、労作時に息が切れやすくなるなどの初期症状が現れます。 症状が進行すると少しの動作でも息切れするほどになります。


急性灰白髄炎

症状:急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん)では、その多くが自覚症状が現れません。 症状が現れる場合、感染後1週間から2週間の潜伏期間を経て、発熱、頭痛、のどの痛み、倦怠感、嘔吐など風邪とよく似た症状が続いた後、手足に弛緩性麻痺が生じます。


食道モリニア症

症状:食道モリニア症(しょくどうもりにあしょう)では、嘔吐、嚥下困難(食べ物が飲み込めない、飲み込むとむせる)、胸骨部分の痛みなどの症状が現れます。


喉頭炎

症状:声がかれたり、咳や痰がでるようになります。また、モノを食べるときの痛み(嚥下痛)を伴うこともあります。


いびき

症状:就寝中にいびきをかきます


ヘルパンギーナ

症状:突発的な高熱が現れ、のどちんこ周辺に小さな水疱が生じます。


喉頭がん

症状:のどの違和感や声のかすれといった症状が見られ、進行すると血痰やのどの痛み、呼吸困難、喘鳴などが生じます。


嚥下障害

症状:食べ物を飲みこみにくくなたり、つかえたり、むせるといった症状が挙げられます。そのため、食事をするのに時間がかかるようになってしまいます。


慢性鼻炎

症状:主な症状は鼻づまりと鼻水です。また、ニオイがわからなくなったり、頭が重く感じる、集中力が低下、口・のどが渇きやすいといった症状があります。


ラッサ熱

症状:発熱、倦怠感が現れ、次第に高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、咽頭痛、咳、胸痛、嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れるようになります。


エボラ出血熱

症状:突発的な高熱、結膜炎、咽頭痛、筋肉痛、頭痛、下痢などの重度のインフルエンザによく似た症状が現れるもので、胸痛、腹痛、吐血、下血などの出血症状が現れることもあります。


期外収縮

症状:脈が飛んだように感じる、のどや胸に違和感を感じるなどの症状が現れます。


マイコプラズマ肺炎

症状:乾いた激しい咳が出る、のどが痛むなどの症状が長期間続き、発熱、関節痛、目の充血などの症状が現れる場合もあります。


ウイルス性肺炎

症状:咽頭、喉頭などの炎症である上気道炎、続いて気管、気管支などの炎症である下気道炎が生じ、咳、痰、頭痛、発熱などの症状が現れます。


咽頭アレルギー

症状:痰を伴わない乾いた咳と、のどの違和感が3週間以上続くものです。


副鼻腔気管支症候群

症状:呼吸にヒューヒューという音が混じる喘鳴、痰のからんだ湿った咳が8週間以上続くなどの症状が現れ、のどの違和感、微熱を伴う場合もあります。


アトピー性咳嗽

症状:のどに違和感がある、咳が出るなどの症状が3週間以上継続します。


咳喘息

症状:痰のない乾いた咳が3~8週間以上続きます。咳以外の症状は現れません。


症状:咳が出ます。


慢性気管支炎

症状:咳や痰が出るなどの症状が3ヶ月から6ヶ月以上続き、一度症状が治まっても再び症状が現れます。


歯髄炎

症状:水やお湯などを飲んだときに痛み、症状が進行すると何もしなくても痛むようになります。


尿崩症

症状:通常の倍以上の多尿、皮膚や粘膜の乾燥、倦怠感があるなどの症状が現れます。


溶連菌感染症

症状:のどの痛み、悪寒、高熱などの症状が現れ、首から胸へと小さな発疹がみられます。 発疹は赤く、かゆみを伴うものです。


食道狭窄

症状:固形物が飲みにくくなり、嘔吐を伴う場合もあります。 重症化すると流動物も飲みにくくなります。


ガマ腫

症状:舌の下側に水ぶくれのようなもの嚢胞ができます。


不正咬合

症状:歯並びが悪く、正常なかみ合わせができず、頭痛、肩こり、めまい、胃腸障害などの症状が現れることがあります。


甲状腺腫瘍

症状:首の前部分が腫れ、声がれなどの症状を伴うこともあります。


食道神経症

症状:のどの違和感や胸の不快感を訴え、飲食物を飲み込むことが困難となるなどの症状が現れます。


食道けいれん

症状:胸部に強い痛みを感じます。


胃食道逆流症

症状:空腹時や横になった際に、胸焼けや口の中が酸っぱく感じるなどの症状が現れます。


咽喉頭異常感症

症状:のどに何か詰まっているような異物感や不快感が現れます。


味覚障害

症状:食べ物の味が分からなくなるなどの症状が現れます。 また、何も口にしていないのに味を感じる場合もあります。


舌痛症

症状:舌の一部または全体がヒリヒリした疼くような痛みを伴います。


舌炎

症状:舌がただれる、食事の際などに舌に触れると痛むなどの症状が現れます。


反回神経まひ

症状:言葉が途切れやすくなる、咳が出る、食べ物や唾液が気管に入りやすくなるなどの症状が現れます。


ポリープ様声帯

症状:声がかれる、声が低くなるなどの症状が現れ、息苦しく感じることもあります。


声帯結節

症状:かれたような声になり、高い声が出しにくくなります。


声帯ポリープ

症状:声質が変化し、かすれたような声(嗄声(させい)になったり、声が出しにくくなるなどの症状が現れます。


急性喉頭蓋炎

症状:のどが腫れて痛み、物が飲み込めなくなります。 高熱を伴う場合もあります。


慢性咽喉頭炎

症状:のどの痛み、咳払いなどの症状が長期間にわたって続くもので、のどが乾く感じや異物感などを伴うこともあります。


唾石症

症状:物を食べる際などに激しい痛みを伴います。 この痛みはとくに酸味の強いものを食べたときに悪化します。


皮膚カンジダ症

症状:皮膚にピンク色の湿疹が現れ、強いかゆみを伴って広がるものです。 皮膚カンジダが発症するのは口内、指、爪、わきの下、乳房の下、外陰部など様々です。


舌咽神経痛

症状:舌の奥やのどに鋭い痛みを伴うものです。 物か噛んだり飲み込む際や、咳、くしゃみなどによって痛みは悪化します。


口腔乾燥症

症状:口内がネバネバしたように感じることがあり、口臭が強くなります。 進行すると痛みを伴う場合もあります。


歯周炎

症状:歯が浮いたように感じます。 炎症が起きると腫れて痛みが増し、膿が出る場合もあります。


気管支拡張症

症状:咳や痰が出るなどの症状を伴います。 痰は黄色または緑がかったものが起床時に特に多くなり、血痰や喀血がみられる場合もあります。


下咽頭がん

症状:のどの違和感、耳の奥に痛みを感じる、声が枯れる、首筋にしこりを感じるなどの症状が現れます。


中咽頭がん

症状:のどの痛み、物を飲み込むときの痛み、耳の奥の痛みなどの症状が現れます。


咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭を伴った鼻汁などの症状が現れます。 進行すると物が二重に見える、耳が詰まるなどの症状が現れることもあります。


舌がん

症状:舌の縁がただれて痛むようになり、しこりがみられるようになります。 症状が進行すると話や食事がしにくくなります。


智歯周囲炎

症状:親知らずの周囲が痛みを伴って赤く腫れます。


歯根膜炎

症状:歯がグラグラと浮くような感覚を持ち、かみ合わせると痛むなどの症状が現れます。 症状が進行するとリンパ腺が腫れて発熱したり、膿がたまるなどの症状もみられる場合があります。


むし歯

症状:歯に穴が開き、冷水やお湯などがしみる、飲食時に痛みを覚える状態です。 悪化すると激痛を伴います。


顎関節脱臼

症状:あごの関節が外れて口を閉じることができなくなります。


急性副鼻腔炎

症状:片側の鼻が詰まる、黄緑がかった粘りのある鼻汁が出るなどの症状が現れます。 鼻の奥、頬、目の内側などに痛みを感じ、頭痛を伴う場合もあります。


顎関節症

症状:口が開きにくくなり、動かすと鈍い痛みを感じるようになります。 また、あごを動かす際にはその音が聞こえるような感じを覚えます。


脊髄小脳変性症

症状:歩行時にふらつく、手がふるえる、舌がもつれるなどの運動障害、排尿障害や筋肉の萎縮を伴った症状が現れることもあります。


胸部大動脈瘤

症状:自覚症状はほとんどありませんが、咳、呼吸困難、嚥下困難、声がかすれるなどの症状が現れることがあります。


アルコール依存症

症状:飲酒を制御できず、手のふるえ、イライラ、不眠、けいれんなどの症状が現れます。 進行すると幻聴や被害妄想などの症状が現れます。


狂犬病

症状:犬などにかまれた部分にうずくような痛みを感じ、頭痛などの症状が現れます。 処置が遅れると、けいれんや意識障害を起こして死に至る場合もあります。


肺水腫

症状:突発的な息切れ、咳、胸痛、呼吸回数の増加などの症状が現れます。痰はピンク色で泡状のものが出ます。


肺動脈血栓塞栓症

症状:突発的な息切れ、頻脈、胸痛などを伴った症状が現れ、指先や唇が青紫色になるチアノーゼなどの症状も表れる場合もあります。


統合失調症

症状:幻聴が生じたり、被害妄想や誇大妄想を抱くようになり、思考、感情、行動に異常がみられるようになります。


皮膚筋炎

症状:筋力が低下する症状が現れます。 筋力が低下するため疲れやすく、物を持ったり、階段を上ったりすることが辛くなります。 また、まぶたや関節部分に紫紅色の皮疹が出る場合もあります。


肺がん

症状:咳や血が混じった痰を伴い、体重減少、声がれ、首のむくみ、などの症状が現れる場合もあります。


上咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭のある鼻汁、耳詰まり感などの症状が現れ、進行すると頸部リンパ節に腫れが生じます。


球脊髄性筋萎縮症

症状:話しにくい、顔がぴくつく、むせる、筋力が低下するなどの症状があり、乳房が大きくなる場合もあります。


筋萎縮性側索硬化症

症状:手指が動かしにくくなり、手足、のど、舌などの筋肉が徐々にやせていきます。


脳梗塞

症状:しびれやまひのために運動や感覚に支障をきたし、意識障害や失語・失認などを伴う場合もあります。


脳出血

症状:運動障害、しびれなどの感覚障害、言語障害、意識障害などの一部または全部の症状が現れます。 頭痛や目のかすみなどの前兆が起きる場合もあります。


顔面神経まひ

症状:顔の片側が無表情になり、口やまぶたを閉じることが出来なくなるなどの症状が現れます。


進行性多巣性白質脳症

症状:運動障害、視力障害、失語症、性格変化、認知症、性格変化などが現れます。症状が週単位で進行し、意識障害へ陥ります。 稀少な病気です。


パーキンソン病

症状:手足の細かいふるえが片側から始まり、細かい作業などが困難になります。また症状は安静時に強くなり、徐々に悪化して表情が乏しくなります。


多発性硬化症

症状:物が二重に見える、視力が低下するなどの症状が現れます。また、運動障害を伴ったり、痛みなどの異常感覚を体の一部に感じる場合もあります。


腸閉塞

症状:腹部の張り、吐き気、嘔吐、排便異常などの症状が現れます。


アナフィラキシーショック

症状:口や手足のしびれ、じんましん、めまい、顔面蒼白、呼吸困難などの強い症状が現れ、重症化すると意識を失う場合もあります。


食道がん

症状:発生初期は無症状のことが多く、進行するにつれて固形物が飲み込みにくくなったり、酢の物やアルコールなどが胸にしみるような感覚がでることがあります。


食道アカラシア

症状:嚥下(飲み込むこと)障害が現れます。このほかにも就寝時の嘔吐などの症状が出ることがあります。


扁桃周囲炎

症状:喉の痛みが強く、高熱が出たり、嚥下痛や食事や水も飲み込めないほどのどが腫れるため脱水症状を起こしやすくなります。重症化すると、口が開かなくなり話すことも困難になります。通常、痛みは片側だけです。


急性扁桃炎

症状:激しい喉の痛みや嚥下痛などが生じるほか、場合によっては耳の方向に痛みが広がることもあります。このほか38度以上の高熱や悪寒、全身倦怠感などの症状もあらあwれ、重症化した際にはリンパ節が腫れることもあります。


甲状腺炎(こうじょうせんえん)

症状:様々な原因により甲状腺が炎症を起こすことで甲状腺ホルモンの分泌量が増減し、様々な機能障害をもたらします。


伝染性単核球症

症状:初期は発熱や喉の痛みといった症状が現れますが、1週間ほどたつと全身の発疹やリンパの腫れなどの症状が現れます。


ボツリヌス菌食中毒

症状:汚染された食品を摂取後10時間~36時間以内に神経症状(視覚障害・言語障害・呼吸困難)などを発症し、嘔吐・下痢の症状も現れます。


咽頭炎

症状:発熱、喉の痛みなどが現れます。


レジオネラ肺炎

症状:発熱、倦怠感、咳、痰などが代表的な症状ですが、進行すると呼吸困難、意識障害などが起こることがあります。


肺炎(はいえん)

症状:発熱、咳、痰、呼吸困難、全身倦怠感、胸痛、食欲不振などが挙げられます。


急性気管支炎

症状:激しい咳や痰が特徴で、咳による胸痛などの症状もあります。


インフルエンザ

症状:38度以上の高熱、頭痛、悪寒、関節痛、倦怠感などの症状が2~3週間続き、その後鼻汁やのどの痛みなどの症状が現れます。


慢性扁桃炎

症状:持続的な喉の違和感や痛み、発熱、倦怠感などが代表的です。習慣性の場合は高熱、強い咽頭痛と嚥下痛などが現れます。


慢性副鼻腔炎

症状:慢性的な鼻づまりや鼻水がでるなどの症状が代表的で、後鼻漏と呼ばれる、鼻汁が喉に流れてしまう症状も見られます。鼻水は一般に粘りっけのあるもので、人によっては頭痛が伴う場合もあります。


破傷風

症状:首や肩などの張り、嚥下障害(飲み込みにくくなる)、しゃべりにくくなる、体中の筋肉痛などが挙げられます。場合によっては痙攣や呼吸困難などを引き起こし重症化した場合は死亡することもあります。


風邪

症状:風邪の症状としては鼻水や、咳、のどや頭に痛みを伴う、発熱などが一般的で、このほかにも全身倦怠感、筋肉痛や関節痛、吐き気や嘔吐、下痢などを引き起こすこともあります。


慢性疲労症候群

症状:日常生活に対して不具合を生じるほどの強烈な疲労感や集中力の低下といった症状が見られ、人によってはリンパ節の痛みや喉の痛みなどを伴うことがあります。


肺結核

症状:咳や痰、胸に痛みを感じるなどの風邪に似た症状が長期間続きます。血が混じった痰が出たり、体重減少、呼吸困難などの症状が出る場合もあります。


肺化膿症

症状:痰を伴う咳が出ます。痰は悪臭を帯び、血が混じっている場合もあります。また、熱や胸痛、呼吸困難などの症状が現れる場合もあります。


ウイルス性脳炎

症状:それぞれ風邪に似た症状から始まりますが、急速に進行し高熱や激しい頭痛、嘔吐などの症状が現れます。さらに、けいれんや手足の麻痺、意識障害に至る場合もあります。発症から数日で症状がピークに達します。重症化すると呼吸困難や昏睡状態に陥って死亡するケースもあります。


強皮症

症状:レイノー現象(指先がチアノーゼを起こし、冷感を伴いますが、その後の血流が回復して逆に充血するげ現象)が代表的です。その後、手の皮膚が厚くなり、こわばりを感じるようになります。


心不全

症状:息苦しさや、動いているときの息切れ、むくみ等の症状が現れます。また、悪化すると就寝後まもなく呼吸困難に陥る場合があります。


慢性閉塞性肺疾患

症状:強い息切れや咳、痰などが症状とされます。進行すると息切れが重症化したり、慢性呼吸器不全による心不全や重度の肺炎などを引き起こすこともあります。


重症筋無力症

症状:身の筋肉に力が入らず疲れやすくなる症状(易疲労:いへいかん)が現れます。重症の場合はクリーゼと呼ばれる呼吸すらできなくなるような場合もあります。


シェーグレン症候群

症状:初期段階では、軽度のドライアイ(目の乾燥)やドライマウス(口の渇き)などが挙げられます。進行すると、全身の分泌腺がおかされることで、内蔵機能障害や嚥下障害(えんげしょうがい)などの症状が現れることがあります。


関節リウマチ

症状:初期段階では朝起きたときの手足などの「こわばり」が主な症状といわれます。特に朝起きてから手を握るのがつらい症状が続きますが、通常1時間~2時間程度で症状は和らいでいきます。その後症状の進行により関節の痛みといった症状が現れます。


甲状腺機能低下症

症状:初期段階では目立った症状はありませんが、活動するのが億劫になったり、動作が緩慢になったりします。さらに、寒がりになる、足がむくむといった症状が現れます。その後慢性化してくると顔が腫れる、皮膚の乾燥、体重増加などの症状が現れます。また、進行すると様々な精神障害が見られるようになります。


糖尿病

症状:それぞれにおいて初期段階では無症状であることが多いですが、糖尿病の進行と共に、「喉の渇き」「多尿」「全身倦怠感」「体重減少」などが見られます。さらに進行すると糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害といった様々な病気を合併します。


睡眠時無呼吸症候群

症状:睡眠中に大きないびきをかき、その間に10秒以上の無呼吸状態に陥ることを繰り返します。一晩に30回または1時kなに5回以上の無呼吸があると、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。


脳腫瘍

症状:脳腫瘍では、腫瘍ができることで内圧が上昇し(頭蓋内圧亢進)、これに伴い脳が圧迫されることから強い頭痛などが症状として現れます。このほか、吐き気、目のかすみ、意識の低下、てんかん発作といった症状を引き起こす場合があります。


アミロイドーシス

症状:肩の結節、強皮症様硬化、色素沈着、脱毛といった症状が皮膚に現れる他、食欲不振や手足の痺れ、めまい、不整脈、排尿障害、倦怠感、むくみなどが生じます。ただし、症状についてはどの部位においてアミロイドーシスが発症しているかにより異なります。


一過性脳虚血発作

症状:めまいがして歩けなくなったり、手の力が急に抜けたり、片側の手足がしびれるなどの症状がみられます。症状は数分から20分程度で治まり、長くても1日で治まります。


胃がん

症状:初期症状には特別な症状が見られることはほとんどありませんが、進行すると腹痛、胃の不快感、嘔吐、吐血などが見られます。進行するとやがて全身倦怠感や体重の減少なども目立つようになります。


うつ病

症状:イライラするなどの焦燥感を持つ、意欲低下、疲労感、倦怠感、頭重、頭痛、便秘や下痢などの症状がみられるようになります。また、多くの場合は睡眠障害を訴えます。


自律神経失調症

症状:不定愁訴とよばれる全身症状がでるのが特徴です。全身症状については頭痛や耳鳴り、同期、のぼせ、多汗、便秘、疲労感などに代表されます。複数が一度に出る場合もあれば、次々と移り変わることもあります。


 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。「頭痛 吐き気」などのように、現在の症状を入力することでも検索ができます。このほか、病名などでも検索可能です。検索結果はこの下に表示されます。

病気診断.netカテゴリー