シスチン尿症

症状:結石が発生した尿管や詰まっている場所に激しい痛みを伴います。 尿路が結石によって完全にふさがってしまうと、片方または両方の腎臓機能が低下します。


腎性尿崩症

症状:強いのどの渇きから水を多量に飲む、尿の量が多くなる、尿が薄くなるなどの症状が現れます。 乳児の場合は高熱、嘔吐、脱水症状などの症状がみられることがあります。


腎性糖尿

症状:腎性糖尿(じんせいとうにょう)では、特に目立つような自覚症状は現れません。


腎静脈血栓症

症状:症状が穏やかに進行するため自覚症状が現れないことが多いとされています。 腰痛、発熱、嘔吐、血尿、蛋白尿、尿が少なくなるなどの症状が現れることもあります。


腎硬化症

症状:良性腎硬化症と悪性腎硬化症とに大別されており、現れる症状はそれぞれで異なります。


腎皮質壊死

症状:血尿、腰の痛み、発熱などの症状が現れます。 低血圧になったり、高血圧になったりと血圧の変化もみられます。


心内膜床欠損症

症状:心内膜床欠損症(しんないまくけっそんしょう)では、ミルクをあまり飲まない、体重が増えない、寝汗をかく、睡眠時の呼吸が速いなどの症状が現れます。


新生児循環不全

症状:ミルクをあまり飲まない、元気がないなどの症状が現れ、症状が進行すると皮膚が白くなる、むくむ、尿の量が少なくなる、頻脈、不整脈、多呼吸、心雑音などの症状が現れます。


神経性食欲不振症

症状:体重の増加に関する食べ物や行動に極端な嫌悪感や恐怖感を示します。 体重が減少してもさらに過剰なダイエットを行い、食後自ら吐いたり、下剤や利尿剤を使用することもあります。


弛緩出血

症状:弛緩出血(しかんしゅっけつ)では、出産が終わり胎盤が娩出された後、大量の出血が生じます。 出血は突発的に生じる場合と徐々に生じる場合があります。


子宮発育不全症

症状:子宮発育不全症(しきゅうはついくふぜんしょう)では自覚症状はあまり現れません。 月経の量が少ない、生理不順または無月経、生理痛が強い、習慣的に流産を繰り返すなどが現れることがあります。


子宮肉腫

症状:子宮肉腫(しきゅうにくしゅ)は発症初期ではあまり症状は現れません。 病気が進行すると生理時以外の出血(不正出血)、下腹部の違和感、腹痛、腹部膨満感などの症状が現れます。


食道モリニア症

症状:食道モリニア症(しょくどうもりにあしょう)では、嘔吐、嚥下困難(食べ物が飲み込めない、飲み込むとむせる)、胸骨部分の痛みなどの症状が現れます。


小脳出血

症状:小脳出血(しょうのう しゅっけつ)では、吐き気、嘔吐、頭痛、突発性のめまい、歩行障害、起立障害などの症状が現れます。症状が進行すると意識障害を引き起こすこともあります。


掌蹠膿胞症

症状:掌(手のひら)と足底に小さな膿胞が現れて皮膚がむける症状を繰り返します。


COPD

症状:肺の生活習慣病とも呼ばれる病気で、喫煙が最大のリスクファクターとされる病気です。症状は息切れが主ですが、進行すると心不全や重度の肺炎などを引き起こし、死に至るリスクもある病気です。


尋常性乾癬

症状:頭皮を含めた様々な場所に湿疹がみられます。赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ)が代表的な症状です。


脂漏性皮膚炎

症状:症状に個人差はありますが、頭部や顔面に紅斑が現れます。痒みを伴う場合もありますが、症状は軽度であることが多いです。


絨毛膜羊膜炎

症状:症状が現れないものから、発熱、下腹部痛、悪臭のあるおりものが出るなど様々です。検査によりわかる病気です。


神経芽細胞腫

症状:お腹の上部を押すと、しこりがあるのが分かります。初期段階では本人に自覚はほとんどありません。一般に生後18ヶ月以内の場合は予後がよく、それ以後に発症した場合は予後が悪いとされています。


脂漏性湿疹

症状:頭皮やおでこに垢(あか)のような、薄い黄色や白っぽいかさぶたが生じます。


心室中隔欠損症

症状:呼吸困難、母乳やミルクが飲めないなどの症状が現れます。


新生児肝炎

症状:黄疸・便の色が淡黄色~灰白色をしているなどの症状が現れます。


子宮内膜炎

症状:悪寒を伴う下腹部の不快感、下腹部痛、微熱などの症状が多く見られますが、不正出血や子宮の違和感、おりものの増加などの症状も挙げられます。


滲出性中耳炎

症状:痛みや発熱などは伴わず、音が聞こえにくくなる、耳の違和感といった症状が現れます。症状自体はあまり強くはないですが、放置すると重大な障害が起こる恐れがありますので、すぐに医師に相談するようにしましょう。


視神経萎縮

症状:視野の中心が欠けたり、視野狭窄などの症状が現れます。


色覚異常

症状:色の見え方が通常と異なる特性を持つことを指します。


斜視

症状:斜視(しゃし)とは、片側の視線は対象物を向いているのに、もう片方の視線は別の方向を向いている状態のことを指します。


紫斑

症状:皮膚や粘膜の血管から出血が生じるもので、赤紫の斑点が多発します。


じんましん

症状:かゆみを伴い、大きさが様々な発疹ができるものです。


脂漏性皮膚炎

症状:皮膚が痒みを伴って赤くなり、フケ状の白いものがはがれ落ちるようになります。


食物アレルギー

症状:原因となる食物を摂取してから、30分~1時間で、じんましん、湿疹、皮膚のかゆみ、下痢、嘔吐、咳などの症状が現れます。


腎嚢胞

症状:自覚症状は現れません。


腎硬化症

症状:たんぱく尿や血尿がみられます。


腎血管筋脂肪腫

症状:わき腹に痛みを伴い、血尿が出る場合もあります。


脂肪肝

症状:疲労感、倦怠感などが現れる場合があります。


食道の良性腫瘍

症状:嚥下障害や痛みなどの症状が現れる場合があります。


心房細動・心房粗動

症状:動悸や胸の不快感を覚えることがありますが、自覚症状がない場合もあります。


CO2ナルコーシス

症状:意識障害、頭痛、ふるえ、発汗などの神経症状が現れ、自発呼吸が困難な状態


周期性四肢まひ

症状:両手足の力が抜けてまひが生じるもので、腫れや痛みを伴う場合もあります。また、軽度の筋肉痛を感じる場合もあります。


ジストニー

症状:全身がねじれて異常な姿勢をとる、首の一方が収縮して頭部が傾いたり左右どちらかを向いたままの状態となる、文字を書こうとすると手が痙攣(けいれん)などを起こす、などの症状が現れます。


神経性頻尿

症状:頻尿や残尿感が生じます。


腎外傷

症状:強い腹痛や腰痛などが現れます。 下腹部を強く打った後などに生じるものです。


神経因性膀胱

症状:頻尿、残尿感、尿失禁、などの症状が現れます。


シラミ病

症状:頭皮、体、陰毛部に強いかゆみを生じるものです。


子宮頚管炎

症状:白や黄色の膿のようなおりものが出る、下腹部や腰に痛みが生じるなどの症状が現れることがあります。


進行流産

症状:下腹部に強い痛みを伴い、出血量が増えていきます。


ジャンパーズ膝

症状:膝の下に圧痛や腫れがみれられ、膝に力を入れる動作を行う際に痛みを伴います。 ジャンプ競技やマラソン選手に多く見られます。


シンスプリント

症状:運動を始めると、すねの中心の下部分が痛みます。腫れを伴う場合もあります。


膝蓋骨亜脱臼症候群

症状:膝が動かなくなり、関節に激しい痛みを伴って腫れ血がたまります。


掌蹠膿疱症

症状:手のひらや足の裏に膿を伴った発疹が現れます。 胸の周囲に強い痛みを感じる場合もあります。


上腕骨外側上顆炎

症状:手首をひねった際や手を伸ばした状態で物を持つ際、肘の外側から前腕にかけて痛みを感じるものです。 また、肘の外側に圧痛を感じます。


上腕骨外顆骨折

症状:肘の外側部に痛みや腫れを伴います。多くは肘を伸ばした状態のまま、外から強い衝撃が加わった後に生じます。


上腕骨顆上骨折

症状:転倒や転落などによって肘に強い衝撃が加わった後、肘に腫れや激しい痛み、皮下出血を伴うものです。


舟状骨骨折

症状:手を開いたままの状態で、外部から強い衝撃が加わることによって生じるもので、手首、親指の付け根の外側などに痛みが起こるものです。


子宮体がん

症状:初期症状では、月経時以外または閉経後に性器からの不正出血がみられ、水っぽいおりものが出るなどの症状が現れます。


子宮下垂・子宮脱

症状:下腹部に違和感や圧迫感を感じ、性器が膣口から下降脱出します。


収縮性心膜炎

症状:息切れ、疲労感、腹部の膨張感、食欲低下などの症状が徐々に現れます。


ジアルジル症

症状:下痢などの症状が現れ、症状が進行すると下痢に悪臭を伴います。


痔瘻

症状:肛門周辺部分に膿がたまって腫れ、痛みや発熱を伴います。


腎臓結石・尿管結石

症状:突発的に腰やわき腹から下腹部にかけて鈍い痛みを伴うものです。


常位胎盤早期剥離

症状:妊娠中に腹部を強く打った後に生じるものです。 性器からの出血などの症状を伴うことがあります。


子宮外妊娠

症状:性器から少量の出血がみられます。 症状が進行すると下腹部に痛みを伴い、出血も激しくなります。


子宮後屈症

症状:下腹部に痛みを伴い、生理痛なども強くなります。


塵肺

症状:胸の痛み、痰、動いたときの息切れなどの症状が現れます。 長期にわたって粉塵を吸入した人にみられる病気です。


心臓神経症

症状:動悸、窒息感などの症状が現れ、安静にしている際に胸にチクチクとした痛みを伴うことがあります。


食道潰瘍

症状:胸焼けなどの症状が現れます。 また、食べたものが飲みにくく感じられることもあります。


食道炎

症状:食べ物を飲み込んだ際にしみるような感じがする、咽喉に異物感がある、胸焼け、咳、胸痛、吐き気などの症状を伴い、吐血する場合もあります。


縦隔腫瘍

症状:激しい咳、血痰、咽喉の異物感、呼吸困難、胸痛、背中痛などの症状が現れる場合があります。


食道・胃静脈瘤

症状:吐血・下血などの症状が現れます。


小児喘息

症状:激しい咳が出る、呼吸時にぜーぜーという音が出る、などの症状が現れ、呼吸は吐くことが困難になります。 症状が進行すると、横になるのが辛くなります。


自然気胸

症状:突発的な息切れ、胸痛などの症状が現れます。 呼吸困難を引き起こす場合もあり、ショック状態となることもあります。


歯髄炎

症状:水やお湯などを飲んだときに痛み、症状が進行すると何もしなくても痛むようになります。


食道狭窄

症状:固形物が飲みにくくなり、嘔吐を伴う場合もあります。 重症化すると流動物も飲みにくくなります。


食道神経症

症状:のどの違和感や胸の不快感を訴え、飲食物を飲み込むことが困難となるなどの症状が現れます。


食道けいれん

症状:胸部に強い痛みを感じます。


歯肉炎

症状:歯肉が赤く腫れ上がるもので、歯を磨いたり、かたいものをかじったりしたときに出血しますが、痛みはほとんど伴いません。


歯周炎

症状:歯が浮いたように感じます。 炎症が起きると腫れて痛みが増し、膿が出る場合もあります。


耳垢栓塞

症状:耳が詰まったような感覚や圧迫感などを伴った症状が現れます。 難聴が起こることもあります。


篩骨洞がん

症状:鼻づまり、鼻血、悪臭を伴う鼻汁、歯痛などの症状が現れ、症状が進行すると頬が腫れる、物が二重に見える、涙が止まらないなどの症状が現れます。


上強膜炎・強膜炎

症状:涙が出る、目が痛む、充血するなどの症状が現れ、視力が低下する場合もあります。


視神経炎

症状:急激な視力低下が起こります。 特に視野の中心部が見えにくくなり、目を動かすと眼球の奥に痛みを伴う、色の識別が難しくなるなどの症状も現れます。


上顎がん

症状:片側の鼻づまり、鼻血、悪臭のある鼻汁、嗅覚障害などの症状が現れ、物が二重に見える、涙が病的にたくさん出る、頬や歯が痛むなどの症状が現れる場合もあります。


歯根嚢胞

症状:物をかむと歯が浮いたような感覚を持ち、歯肉や頬が腫れて発熱を伴うなどの症状が現れます。


歯根膜炎

症状:歯がグラグラと浮くような感覚を持ち、かみ合わせると痛むなどの症状が現れます。 症状が進行するとリンパ腺が腫れて発熱したり、膿がたまるなどの症状もみられる場合があります。


酒さ様皮膚炎

症状:副腎皮脂ステロイド薬を塗布した後に顔面の皮膚が赤くなり、腫れや痛みを伴います。


脂腺母斑

症状:うまれつき黄色みを帯びて少し盛り上がっているあざが頭にあるものです。


腎梗塞

症状:腰、わき腹、上腹部に激しい痛みを伴い、悪寒、発熱、嘔吐、血尿などの症状が現れる場合もあります。


尋常性白斑

症状:皮膚の色が部分的に白くなる症状が現れます。


時差ぼけ

症状:時差の大きい国との間を往来することで全身倦怠感、食欲低下、眠気などの症状が現れます。


子宮頸がん

症状:月経時以外の出血、おりものなどを伴った症状が現れます。 症状が進行すると下腹部に痛みを伴います。


小細胞がん

症状:咳や血が混じった痰を伴い、体重減少、声がれ、首のむくみ、などの症状が現れる場合もあります。


心筋炎

症状:発熱や筋肉痛などのかぜに似た症状が現れ、動いたときの息切れや動悸、むくみが現れるなど重症化する場合もあります。


上咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭のある鼻汁、耳詰まり感などの症状が現れ、進行すると頸部リンパ節に腫れが生じます。


心原性脳塞栓症

症状:しびれやまひのために運動や感覚に支障をきたし、意識障害や失語・失認などを伴う場合もあります。


神経梅毒

症状:図鵜鵜、疲労感、集中力低下、不眠、言語障害、記憶障害などの症状が現れ、重症化すると痴呆状態になり、身体も衰弱します。


進行性多巣性白質脳症

症状:運動障害、視力障害、失語症、性格変化、認知症、性格変化などが現れます。症状が週単位で進行し、意識障害へ陥ります。 稀少な病気です。


手根管症候群

症状:親指、人差し指、中指にこわばりが生じ、痛みを伴う場合もあります。


子宮付属器炎

症状:下腹部に不快感や痛みを感じるなどの症状が現れ、発熱やおりものの量が増えるなどの症状が現れる場合もあります。


子宮内膜症

症状:月経時の強い痛み、過多月経、月経時以外での出血、性行時の痛みなどの症状が現れます。


十二指腸潰瘍

症状:夜間や空腹時などに上腹部痛を伴い、胸やけ、吐き気、嘔吐、黒い便が出るなどの症状が現れる場合があります。


身体表現性障害

症状:強い不安感・緊張感、自分の健康状態について過剰な心配をもちます。


食道がん

症状:発生初期は無症状のことが多く、進行するにつれて固形物が飲み込みにくくなったり、酢の物やアルコールなどが胸にしみるような感覚がでることがあります。


食道裂孔ヘルニア

症状:食道裂孔ヘルニアの症状としては上腹部の痛み、胸痛、胸やけ、嘔吐、吐き気などの症状が中心です。


食道アカラシア

症状:嚥下(飲み込むこと)障害が現れます。このほかにも就寝時の嘔吐などの症状が出ることがあります。


心筋梗塞

症状:突発的な胸痛が30分以上の長時間継続します。安静を保っても症状は治まらず、冷や汗や呼吸困難などが伴います。放置すると血圧が低下しショック状態となり、心拍が停止し死に至ります。


歯肉膿瘍

症状:歯肉が腫れて、触ると痛みがあります。また、血や膿が自然と出ることがあります。


腎盂腎炎

症状:突然の腹痛や背中の痛み、吐き気、排尿痛などの症状も挙げられます。


心臓弁膜症

症状:体を動かしたときの動悸、息切れ、不整脈、胸痛、呼吸困難などの心不全症状が現れます。


心不全

症状:息苦しさや、動いているときの息切れ、むくみ等の症状が現れます。また、悪化すると就寝後まもなく呼吸困難に陥る場合があります。


シェーグレン症候群

症状:初期段階では、軽度のドライアイ(目の乾燥)やドライマウス(口の渇き)などが挙げられます。進行すると、全身の分泌腺がおかされることで、内蔵機能障害や嚥下障害(えんげしょうがい)などの症状が現れることがあります。


心的外傷後ストレス障害(PTSD)

症状:多くの場合、こうしたトラウマ(心的外傷)を受けた時期から半年以内に症状を発症します。突然当時の恐怖心や不安感、身体的な感覚が呼び戻されること、夢で同じ体験をしてしまうなどが挙げられます。また、神経過敏になったり、怒りっぽくなるなどといった症状を発症する場合があります。


子宮筋腫

症状:月経痛が強い、月経の出血量が多い、月経以外の出血がある、貧血、下腹部にしこりを感じる、などの症状がみられます。


自己免疫性溶血性貧血

症状:息切れや倦怠感などの一般的な貧血症状のほかに、軽度の黄疸が現れる場合もあります。また、長期化した場合、脾臓が大きくなり腹部の膨満感や不快感などの症状が現れるようになります。現在、難病(特定疾患)に認定されている病気です。


腎臓がん

症状:初期段階での自覚症状はありませんが、尿検査を行うと微量の血尿が確認されることがあります。症状が進行すると、疼痛や腫瘤などが主な症状とされますが、これらの症状は比較的進行がんにおいて確認されるのが一般的です。


自己免疫性肝炎

症状:約4割の人に症状が無く、全身倦怠感や黄疸が見られることがあります。中年の女性に多い病気です。


C型肝炎

症状:C型肝炎は、急性の場合1~4ヶ月の潜伏期間を経て発症します。食欲不振や倦怠感などの風邪ににた症状が現れることもありますが、他の肝炎に比べると症状は軽く、黄疸が現れるのも半数程度となっています。


自律神経失調症

症状:不定愁訴とよばれる全身症状がでるのが特徴です。全身症状については頭痛や耳鳴り、同期、のぼせ、多汗、便秘、疲労感などに代表されます。複数が一度に出る場合もあれば、次々と移り変わることもあります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー