躁病

症状:短い睡眠時間でぐっすり眠る、食欲や性欲が旺盛になるなどの身体症状が現れます。


神経性食欲不振症

症状:体重の増加に関する食べ物や行動に極端な嫌悪感や恐怖感を示します。 体重が減少してもさらに過剰なダイエットを行い、食後自ら吐いたり、下剤や利尿剤を使用することもあります。


老年期精神病

症状:老年期精神病(ろうねんきせいしんびょう)では、誤った妄想、被害妄想が主な症状となります。 嫌がらせをされている、誰かが家に侵入しているなどや、嫉妬から始まり、体の体調不良を過度に訴えることもあります。


解離性同一性障害

症状:複数の人格が表れます。それぞれの人格間において記憶の共有ができません。


過食症

症状:ドカ食い(過食)が見られます。また、過食後には代償行為(嘔吐・絶食・薬物の利用など)を伴う場合もあります。精神的な病気の一つです。


チック障害

症状:本人の意思に関係なく、まばたき、咳払いなどが反復的、突発的、無意識的に繰り返されます。なお、全身にこうした症状はでますが、多くの場合頭に近いほど症状は出やすくなります。


注意欠陥多動性障害(ADHD)

症状:注意がそれる、多動、衝動的な行動が目立ちます。6-7歳児の男児に多く見られます。


特異的発達障害

症状:ある一面だけに発達障害が生じます。全体的に発生する知恵遅れとは異なります。


広汎性発達障害

症状:発達面において広範囲に重度の障害が現れる病気の総称です。WHO(世界保健機関)による分類です。


知的障害

症状:運動、知覚、言語、社会的能力などの様々な領域の発達に遅れがみられます。


摂食障害

症状:拒食症の場合は極端な食事制限、過食症の場合はドカ食いなどが見られますが、人やタイプにより症状も異なります。先進国の女性に多く見られる精神病のひとつです。


適応障害

症状:鬱気分、不安、焦り、心配などの軽度のうつ病と同様の症状が現れます。うつ病の症状と似ていますが、青年の場合は反社会行動がみられることもあります。


解離性障害

症状:衝撃的な出来事や深刻な問題に直面すると、自分の心を分離することで対処しようとします。健忘(記憶障害)が見られたり、人格障害が見られます。


性機能不全

症状:男性・女性ともに異なった症状が現れます。


転換性障害

症状:体に異常は無いのに、声を出せない、手や指に異常感覚がある、視野が狭くなる、のどが詰まる感覚がある、立てない、歩けないなどの症状が現れます。


恐怖症性不安障害

症状:人前や特定の状況に対して強い不安や恐怖を感じ、その状況に遭遇するとパニック状態となります。


時差ぼけ

症状:時差の大きい国との間を往来することで全身倦怠感、食欲低下、眠気などの症状が現れます。


気分変調性障害

症状:気分の落ち込み、焦燥感、不安感、罪悪感、劣等感、絶望感などを伴った症状が現れます。 軽症のうつ状態が2年以上慢性的に続くものをいいます。


てんかん

症状:全身が突っ張られるようにして倒れる、けいれんする、意識を失うなどの症状が現れます。


性同一性障害

症状:自分の肉体手的な性と反対の性が自分に合っていると確信し、自分の性器や性的成長に嫌悪感を抱くようになります。


薬物依存症

症状:特定の薬物の乱用によって服用を制御できなくなり、疲労感、恐怖、妄想、幻覚、多幸感などの様々な精神障害が生じるようになるものです。


アルコール依存症

症状:飲酒を制御できず、手のふるえ、イライラ、不眠、けいれんなどの症状が現れます。 進行すると幻聴や被害妄想などの症状が現れます。


強迫性障害

症状:位置や数などにこだわる、し忘れていることがあるのではないか確かめずにはいられない、などの考えが強くなります。


全般性不安障害

症状:緊張感、頭痛、めまい、動悸、ふるえ、頻尿、不眠などの様々な症状が現れます。


パーソナリティ障害

症状:行動が衝動的で、慢性的な空虚感を持つようになります。 症状が進行すると、自傷行為や自殺を図る、性的逸脱などの症状が現れるようになります。


統合失調症

症状:幻聴が生じたり、被害妄想や誇大妄想を抱くようになり、思考、感情、行動に異常がみられるようになります。


身体表現性障害

症状:強い不安感・緊張感、自分の健康状態について過剰な心配をもちます。


ナルコレプシー

症状:日中の耐え難い眠気(睡眠発作)や驚きや笑い(情動の変化)により全身に脱力感を感じる「情動脱力発作」、入眠時に幻覚があらわれる「入眠時幻覚」、睡眠時の麻痺状態である「睡眠麻痺」などの症状が特徴とされる病気です。


不眠症

症状:症状は大きく「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の四つが挙げられます。この他、睡眠時無呼吸症候群による不眠や高齢者の意識混濁による不眠なども挙げられます。


睡眠障害

症状:不眠症や過眠症、睡眠時の異常現象、精神・神経障害に起因する睡眠障害などがカテゴリーわけされています。


心的外傷後ストレス障害(PTSD)

症状:多くの場合、こうしたトラウマ(心的外傷)を受けた時期から半年以内に症状を発症します。突然当時の恐怖心や不安感、身体的な感覚が呼び戻されること、夢で同じ体験をしてしまうなどが挙げられます。また、神経過敏になったり、怒りっぽくなるなどといった症状を発症する場合があります。


パニック障害

症状:パニック発作と呼ばれる強い不安発作を繰り返します。パニック発作は突然理由も無いのに非常に強い不安感や恐怖にさいなまれることで、身体的症状としては動悸、発汗、冷や汗、呼吸困難などの症状が現れます。


躁うつ病

症状:数ヶ月単位で「躁」と「うつ」の状態が入れ替わります。また、不眠や多動、観念奔逸といった症状も見られます。


うつ病

症状:イライラするなどの焦燥感を持つ、意欲低下、疲労感、倦怠感、頭重、頭痛、便秘や下痢などの症状がみられるようになります。また、多くの場合は睡眠障害を訴えます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー