晩発性皮膚ポルフィリン症

症状:日光に当たることで水疱が生じます。 水疱が生じる大きさや場所は様々ですが、主に手の甲、腕、顔などの部分が多くなっています。


バーター症候群

症状:小児の場合、発育不全がみられます。 他にも、のどの渇き、尿が多くなる、筋力が低下する、精神発達の遅滞が生じます。さらに、脱水症状を引き起こす場合もあります。


ハートナップ病

症状:青年期から発症することもありますが、多くは乳幼児から症状が現れます。 発作や発疹に加え、頭痛、幻覚、妄想、低身長、精神発達遅滞などの症状がみられる場合もあります。


敗血症

症状:発熱、心拍数の増加、低血圧、意識障害、ショック(敗血症性ショック)などの症状が見られます。また、症状が重い場合は発熱でなく、低体温となることもあります。また、臓器に障害が及ぶと多臓器障害症候群を併発することもあります。


小児白血病

症状:疲れやすい、顔色が青白い、手足の痛み、血が止まりにくい、発熱などの症状が現れます。


ハイリスク新生児

症状:出産時には何の異常もないように見えますが、重度の障害が現れることが考えられるために経過観察が必要となる新生児のことをいいます。


鼻の変形

症状:鼻の変形は、その形状によって数種類に分けられ、治療法もそれぞれ異なります。


白皮症

症状:皮膚や毛髪などが白くなるものですで、瞳の虹彩がピンク色になる場合もあります。


バレット食道

症状:胸焼けや食べ物を飲み込んだ際などにしみるような感じがする、のどに異物感がある、咳が出る、胸が痛むなどの症状が現れる場合があります。


肺感染

症状:真菌や細菌が原因となる肺感染 カビの一種の真菌や細菌が肺に感染することによって生...


肺分画症

症状:正常な肺組織から分離された状態で異常な肺組織が存在する病気で、先天性のものです。


肺嚢胞

症状:胸痛や息切れなどの症状が現れます。


バルトリン腺炎

症状:小陰唇や大陰唇に発赤、腫れ、痛みなどの症状が現れます。 症状が進行すると、歩行時や座ったときなどに強い痛みを感じます。


バージャー病

症状:手の指や足の指が冷たく、白くなります。 歩行時に足が痛み、長い距離を歩くことができなくることもあります。


肺性心

症状:咳、足のむくみ、疲労感、腹部膨満感、呼吸困難などの症状が現れます。


ばね指

症状:指を伸ばそうとすると引っかかるような感覚を持つなどの症状が現れ、痛みを伴います。


肺線維症

症状:息切れ、疲れやすいなどの症状が現れます。 進行すると、指先が太くなる、皮膚が青紫がかった色になる、呼吸困難を引き起こすなどの症状が現れます。


肺動脈狭窄症

症状:息切れなどの症状が現れ、顔、手、唇などが紫色になる場合もあります。


反復性肩関節脱臼

症状:外部からの衝撃によって肩の関節が外れた後、わずかな衝撃によって肩の関節が外れるようになります。


反回神経まひ

症状:言葉が途切れやすくなる、咳が出る、食べ物や唾液が気管に入りやすくなるなどの症状が現れます。


白内障

症状:視界全体が白くかんすんでまぶしく感じたり、視力が低下する、物が二重にみえる、眼鏡の度数が合わなくなる、などの症状が現れます。


鼻茸

症状:鼻腔内にポリープができ、鼻詰まりなどの症状を伴います。


瘢痕性無毛症

症状:やけどや外傷によって損傷した部分の毛が抜けてしまいます。


肺水腫

症状:突発的な息切れ、咳、胸痛、呼吸回数の増加などの症状が現れます。痰はピンク色で泡状のものが出ます。


肺動脈血栓塞栓症

症状:突発的な息切れ、頻脈、胸痛などを伴った症状が現れ、指先や唇が青紫色になるチアノーゼなどの症状も表れる場合もあります。


パーソナリティ障害

症状:行動が衝動的で、慢性的な空虚感を持つようになります。 症状が進行すると、自傷行為や自殺を図る、性的逸脱などの症状が現れるようになります。


肺がん

症状:咳や血が混じった痰を伴い、体重減少、声がれ、首のむくみ、などの症状が現れる場合もあります。


ハンチントン舞踏病

症状:手足や顔の筋肉が自分の意思と関係なく動く、などの症状が現れ、幻覚、妄想、認知障害なども生じます。


パーキンソン病

症状:手足の細かいふるえが片側から始まり、細かい作業などが困難になります。また症状は安静時に強くなり、徐々に悪化して表情が乏しくなります。


播種性血管内凝固症候群

症状:出血しやすくなり、鼻血、血尿、性器出血、下血などの症状が現れ、重症化するとショックを起こす場合もあります。


肺炎(はいえん)

症状:発熱、咳、痰、呼吸困難、全身倦怠感、胸痛、食欲不振などが挙げられます。


破傷風

症状:首や肩などの張り、嚥下障害(飲み込みにくくなる)、しゃべりにくくなる、体中の筋肉痛などが挙げられます。場合によっては痙攣や呼吸困難などを引き起こし重症化した場合は死亡することもあります。


肺結核

症状:咳や痰、胸に痛みを感じるなどの風邪に似た症状が長期間続きます。血が混じった痰が出たり、体重減少、呼吸困難などの症状が出る場合もあります。


肺化膿症

症状:痰を伴う咳が出ます。痰は悪臭を帯び、血が混じっている場合もあります。また、熱や胸痛、呼吸困難などの症状が現れる場合もあります。


肺気腫

症状:強い息切れや動悸、浮腫(むくみ)の症状が現れます。悪化した場合は呼吸困難などを引き起こすようになります。


パニック障害

症状:パニック発作と呼ばれる強い不安発作を繰り返します。パニック発作は突然理由も無いのに非常に強い不安感や恐怖にさいなまれることで、身体的症状としては動悸、発汗、冷や汗、呼吸困難などの症状が現れます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー