アルポート症候群

症状:膜や水晶体、網膜に異常が生じるなどの眼症状、高い周波数の音が聞こえにくくなるなどの感音性難聴 、尿に血が混じる、蛋白尿などの症状が現れる場合があります。


リドル症候群

症状:小児期に生じる高血圧が最も多い症状として挙げられます。 ただし、必ずしも症状が現れるとは限りません。


バーター症候群

症状:小児の場合、発育不全がみられます。 他にも、のどの渇き、尿が多くなる、筋力が低下する、精神発達の遅滞が生じます。さらに、脱水症状を引き起こす場合もあります。


ハートナップ病

症状:青年期から発症することもありますが、多くは乳幼児から症状が現れます。 発作や発疹に加え、頭痛、幻覚、妄想、低身長、精神発達遅滞などの症状がみられる場合もあります。


ファンコニー症候群

症状:のどの渇き、多尿、便秘、食欲不振、嘔吐、全身倦怠感など、様々な症状が現れますが、自覚症状が現れない場合もあります。


シスチン尿症

症状:結石が発生した尿管や詰まっている場所に激しい痛みを伴います。 尿路が結石によって完全にふさがってしまうと、片方または両方の腎臓機能が低下します。


腎性尿崩症

症状:強いのどの渇きから水を多量に飲む、尿の量が多くなる、尿が薄くなるなどの症状が現れます。 乳児の場合は高熱、嘔吐、脱水症状などの症状がみられることがあります。


腎性糖尿

症状:腎性糖尿(じんせいとうにょう)では、特に目立つような自覚症状は現れません。


尿細管性アシドーシス

症状:1型、2型、4型に大別されており、それぞれで現れる症状は異なります。


腎静脈血栓症

症状:症状が穏やかに進行するため自覚症状が現れないことが多いとされています。 腰痛、発熱、嘔吐、血尿、蛋白尿、尿が少なくなるなどの症状が現れることもあります。


腎硬化症

症状:良性腎硬化症と悪性腎硬化症とに大別されており、現れる症状はそれぞれで異なります。


腎皮質壊死

症状:血尿、腰の痛み、発熱などの症状が現れます。 低血圧になったり、高血圧になったりと血圧の変化もみられます。


難治性ネフローゼ症候群

症状:症状はむくみ(浮腫)と蛋白尿、全身倦怠感などが挙げられます。


膀胱尿管逆流症

症状:自覚症状は現れませんが、細菌感染を生じた場合には膀胱炎から腎盂腎炎を引き起こし、発熱、腰痛、尿の混濁、排尿時の痛みなどの症状を伴います。


尿道狭窄

症状:尿に勢いがなくなり、細くなります。症状が進行すると尿が出なくなる場合もあります。


多発性嚢胞腎

症状:腰痛、血尿、などの症状が現れます。


腎嚢胞

症状:自覚症状は現れません。


腎硬化症

症状:たんぱく尿や血尿がみられます。


ループス腎炎

症状:微熱、倦怠感、といった膠原病にみられる症状のほかに、たんぱく尿、血尿、むくみなどが現れます。


腎血管筋脂肪腫

症状:わき腹に痛みを伴い、血尿が出る場合もあります。


尿毒症

症状:尿の出が悪くなる、食欲不振、頭痛、鼻出血などの症状が現れます。


神経性頻尿

症状:頻尿や残尿感が生じます。


IgA腎症

症状:かぜ、胃腸炎などを生じた後などに血尿が出る場合があります。


腎外傷

症状:強い腹痛や腰痛などが現れます。 下腹部を強く打った後などに生じるものです。


腹圧性尿失禁

症状:重いものを持つ、くしゃみや咳をするなどの際に腹部に力を入れると尿が漏れます。 中高年層の女性に多くみられる症状です。


過活動膀胱

症状:突発的な強い尿意が現れるもので、我慢できずにまたはトイレに間に合わないために失禁してしまうということが日常的に生じます。


神経因性膀胱

症状:頻尿、残尿感、尿失禁、などの症状が現れます。


多発性嚢胞腎

症状:腰痛を伴い、血尿が出ることもあります。


遊走腎

症状:立ち姿勢を続けると、わき腹や腰に鈍い痛みを感じ、血尿が出ることもあります。


腎臓結石・尿管結石

症状:突発的に腰やわき腹から下腹部にかけて鈍い痛みを伴うものです。


膀胱炎

症状:頻尿、排尿時に痛みを伴う、残尿感などの症状が現れ、尿がにごったり、血が混じることもあります。


腎梗塞

症状:腰、わき腹、上腹部に激しい痛みを伴い、悪寒、発熱、嘔吐、血尿などの症状が現れる場合もあります。


慢性腎不全

症状:吐き気、頭痛、倦怠感、集中力低下などを伴った症状が現れます。症状が進行すると、貧血や尿毒症症状が現れますが、初期段階では自覚症状はほとんどありません。


慢性糸球体腎炎

症状:自覚症状がない場合もありますが、血尿や高血圧などが1年以上持続します。


急性糸球体腎炎

症状:尿の出が悪くなる、血尿が出る、むくむ、などの症状が現れます。


尿道炎

症状:排尿時に痛みや尿道が熱いと感じるような症状が現れます。女性が尿道炎になった場合は、黄色~白いおりものが出ます。


膀胱がん

症状:多くの場合、尿の症状が出ることにより発見されます。また、癌が発生する部位によっては頻尿、排尿痛などの症状が現れることがあります。


腎盂腎炎

症状:突然の腹痛や背中の痛み、吐き気、排尿痛などの症状も挙げられます。


続発性ネフローゼ症候群

症状:腎臓における糸球体の働きが弱まることによるたんぱく質と老廃物の分離ができないことから生じる病気です。蛋白尿やむくみ(特に立っているとき)、全身倦怠感といった症状が現れます。


原発性ネフローゼ症候群

症状:起床時にまぶたや顔がむくみ、日中も立っていると足がむくんでくる症状が現れます。進行するにつれて全身に倦怠感を持ち、むくむ範囲も広がってきます。


ネフローゼ症候群

症状:手足のむくみが見られます。特に起立した状態では足のむくみが大きく出るようになります。また尿量の減少や血圧低下なども見られます。病気が進行するにつれてむくみも大きくなり、倦怠感も現れます。


腎臓がん

症状:初期段階での自覚症状はありませんが、尿検査を行うと微量の血尿が確認されることがあります。症状が進行すると、疼痛や腫瘤などが主な症状とされますが、これらの症状は比較的進行がんにおいて確認されるのが一般的です。


急性腎不全

症状:腎臓機能の急速な低下により尿量が大幅に減少します。それに伴い、老廃物が対外に排出されないことから、むくみや全身の倦怠感、食欲不振などが見られます。進行した場合には嘔吐感や高血圧、意識障害なども引き起こします。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー