脊髄空洞症

症状:片方の腕や手の痛み、しびれ感、重苦しさで始まります。 症状は次第に悪化し、腕や手の麻痺が生じたり、歩行障害や排尿障害が生じることもあります。


回転性めまい

症状:自分の周囲の景色がぐるぐると回っているようなめまいが生じます。 気分が悪くなり、耳が聞こえづらくなることもあります。


乗り物酔い

症状:顔面蒼白、吐き気、嘔吐、動悸、冷や汗、頭痛などの症状が現れます。


群発頭痛

症状:片側の眼の奥に強い痛みを伴います。 非常に強い痛みで「眼がえぐれるような」、「キリで刺されたような」というような例え方をします。


ウィリス動脈輪閉塞症

症状:ウィリス動脈輪閉塞症の主な症状としては頭痛、けいれん、運動障害、感覚障害、意識障害などが挙げられます。 泣く、笑う、熱いものを冷ますためにフーフーと息を吹きかける、吹奏楽器を吹く、歌うなどの激しい過呼吸運動をきっかけに症状が現れることが多くなっています。


もやもや病

症状:もやもや病の主な症状としては頭痛、けいれん、運動障害、感覚障害、意識障害などが挙げられます。 泣く、笑う、熱いものを冷ますためにフーフーと息を吹きかける、吹奏楽器を吹く、歌うなどの激しい過呼吸運動をきっかけに症状が現れることが多くなっています。


正常圧水頭症

症状:正常圧水頭症(せいじょうあつすいとうしょう)では、物忘れが多くなる、集中力の低下、呼びかけに対しての反応が悪くなるなどの痴呆症状が生じます。


小脳出血

症状:小脳出血(しょうのう しゅっけつ)では、吐き気、嘔吐、頭痛、突発性のめまい、歩行障害、起立障害などの症状が現れます。症状が進行すると意識障害を引き起こすこともあります。


高血圧性脳症

症状:高血圧性脳症(こうけつあつせいのうしょう)は、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。 症状が悪化すると、けいれん、視力障害、意識障害などが生じる場合もあります。


先天性ミオパチー

症状:先天性ミオパチーとは、遺伝的に筋肉に障害を持っており、筋肉の運動に支障が生じる病気の総称です。


周期性四肢まひ

症状:両手足の力が抜けてまひが生じるもので、腫れや痛みを伴う場合もあります。また、軽度の筋肉痛を感じる場合もあります。


進行性筋ジストロフィー

症状:転倒しやすい、階段の昇り降りが困難という症状が現れます。


多発性筋炎

症状:筋力の低下、関節痛などの症状が現れます。これらの症状は日常生活に支障をきたすほどになり、顔や手に薄紅色の発疹ができて皮がむけるなどの症状が現れる場合もあります。


ビタミンB1欠乏性ニューロパチー

症状:手足の感覚異常、まひなどの症状が現れ、腱反射の消失が現れる場合もあります。


脊髄性進行性筋萎縮症

症状:全身の筋力低下、筋萎縮が挙げられ、これらの症状はゆっくりと進行します。


亜急性連合性脊髄変性症

症状:全身の倦怠感、両手足がチクチクとする異常感覚、しびれなどの症状が現れます。


クロイツフェルト・ヤコブ病

症状:歩行障害、軽度の痴呆、視力障害などの症状が現れます。


ジストニー

症状:全身がねじれて異常な姿勢をとる、首の一方が収縮して頭部が傾いたり左右どちらかを向いたままの状態となる、文字を書こうとすると手が痙攣(けいれん)などを起こす、などの症状が現れます。


筋強直性ジストロフィー

症状:握力の低下や、手が思うように動かない、足が突っ張って走ることができないなどの症状が現れます。 男性・女性ともに髪の毛や眉毛が薄くなることもあります。


舌咽神経痛

症状:舌の奥やのどに鋭い痛みを伴うものです。 物か噛んだり飲み込む際や、咳、くしゃみなどによって痛みは悪化します。


三叉神経痛

症状:突発的に顔の片側に激しい痛みを伴った症状が現れます。数十秒~数分続き、これらの症状は繰り返し起こります。 中年以降の女性に多い病気です。


筋緊張性頭痛

症状:後頭部から首筋にかけて締め付けられるような頭痛が生じ、肩こりを伴います。


脳血管性痴呆

症状:感情の起伏が激しくなる、うつ状態、性格の変化、記憶力低下などの症状が現れます。


球脊髄性筋萎縮症

症状:話しにくい、顔がぴくつく、むせる、筋力が低下するなどの症状があり、乳房が大きくなる場合もあります。


筋萎縮性側索硬化症

症状:手指が動かしにくくなり、手足、のど、舌などの筋肉が徐々にやせていきます。


本態性振戦

症状:動作をしたり、緊張したりした際、または一定の姿勢を保とうとする際に手、腕、頭、首などが細かく震える「振戦(しんせん)」が現れます。


ハンチントン舞踏病

症状:手足や顔の筋肉が自分の意思と関係なく動く、などの症状が現れ、幻覚、妄想、認知障害なども生じます。


心原性脳塞栓症

症状:しびれやまひのために運動や感覚に支障をきたし、意識障害や失語・失認などを伴う場合もあります。


ラクナ梗塞

症状:しびれやまひのために運動や感覚に支障をきたし、意識障害や失語・失認などを伴う場合もあります。


アテローム血栓性梗塞症

症状:しびれやまひのために運動や感覚に支障をきたし、意識障害や失語・失認などを伴う場合もあります。


脳梗塞

症状:しびれやまひのために運動や感覚に支障をきたし、意識障害や失語・失認などを伴う場合もあります。


脳出血

症状:運動障害、しびれなどの感覚障害、言語障害、意識障害などの一部または全部の症状が現れます。 頭痛や目のかすみなどの前兆が起きる場合もあります。


脊髄硬膜外膿瘍

症状:胸や背中に局所的な圧迫痛が生じ、そのまま放置すると数日で手足のまひが起きます。


神経梅毒

症状:図鵜鵜、疲労感、集中力低下、不眠、言語障害、記憶障害などの症状が現れ、重症化すると痴呆状態になり、身体も衰弱します。


進行性多巣性白質脳症

症状:運動障害、視力障害、失語症、性格変化、認知症、性格変化などが現れます。症状が週単位で進行し、意識障害へ陥ります。 稀少な病気です。


脳性まひ

症状:筋肉の突っ張りやけいれんを伴い、精神遅滞、視力障害、言語障害、聴力障害などが生じる場合もあります。


パーキンソン病

症状:手足の細かいふるえが片側から始まり、細かい作業などが困難になります。また症状は安静時に強くなり、徐々に悪化して表情が乏しくなります。


感覚異常性大腿神経痛

症状:大腿部の外側、膝関節、下肢、おしり部分へと痛みが広がっていきます。


肘部管症候群

症状:薬指の小指よりの部分や小指にしびれ、知覚障害などの症状が現れます。 男性に多くみられます。


手根管症候群

症状:親指、人差し指、中指にこわばりが生じ、痛みを伴う場合もあります。


多発ニューロパチー

症状:両側の手足の脱力感などが現れます。進行するにつれて徐々に感覚異常やまひなどの症状が現れ、頭部にまで達する場合もあります。


ギラン・バレー症候群

症状:手足や体の運動まひが主な症状で、軽度のものから呼吸困難を起こす重症例など様々です。 症状は約3週間でピークに達します。


多発性硬化症

症状:物が二重に見える、視力が低下するなどの症状が現れます。また、運動障害を伴ったり、痛みなどの異常感覚を体の一部に感じる場合もあります。


くも膜下出血

症状:後頭部に尋常ではない痛みが現れ、意識を失う場合もあります。


片頭痛

症状:強い頭痛が現れ、閃光が見える、手足がしびれるなどの前兆が現れる場合もあります。 頭痛はこめかみから目にかけて、脈が打つように痛みます。


細菌性髄膜炎

症状:発熱、頭痛、嘔吐、下痢などの症状が現れます。また、細菌性髄膜炎の特徴的な症状として、首を前に曲げにくいという頂部硬直症状が起こります。炎症が悪化して脳にまで炎症が広がると、意識障害や痙攣、こん睡状態になることもあります。


ウイルス性髄膜炎

症状:症状としては、発熱、頭痛、嘔吐、下痢などの症状が現れます。また、ウイルス性髄膜炎の特徴的な症状として、首を前に曲げにくいという頂部硬直症状が起こります。


急性散在性脳脊髄炎

症状:発熱・倦怠感・頭痛・悪心・嘔吐などといった症状が見られます。さらに、神経症状として不眠や失語といった症状が見られることもあります。また、人によっては痙攣、手足の麻痺、排泄障害などを引き起こす場合もあります。


ウイルス性脳炎

症状:それぞれ風邪に似た症状から始まりますが、急速に進行し高熱や激しい頭痛、嘔吐などの症状が現れます。さらに、けいれんや手足の麻痺、意識障害に至る場合もあります。発症から数日で症状がピークに達します。重症化すると呼吸困難や昏睡状態に陥って死亡するケースもあります。


重症筋無力症

症状:身の筋肉に力が入らず疲れやすくなる症状(易疲労:いへいかん)が現れます。重症の場合はクリーゼと呼ばれる呼吸すらできなくなるような場合もあります。


脳腫瘍

症状:脳腫瘍では、腫瘍ができることで内圧が上昇し(頭蓋内圧亢進)、これに伴い脳が圧迫されることから強い頭痛などが症状として現れます。このほか、吐き気、目のかすみ、意識の低下、てんかん発作といった症状を引き起こす場合があります。


一過性脳虚血発作

症状:めまいがして歩けなくなったり、手の力が急に抜けたり、片側の手足がしびれるなどの症状がみられます。症状は数分から20分程度で治まり、長くても1日で治まります。


アルツハイマー病

症状:記憶障害や情緒不安定、日付や日時、場所や人の判別ができなくなるなどの失見当職などを伴った症状が徐々に進行し、やがて日常動作が難しくなっていきます。慢性的に症状が進行します。


自律神経失調症

症状:不定愁訴とよばれる全身症状がでるのが特徴です。全身症状については頭痛や耳鳴り、同期、のぼせ、多汗、便秘、疲労感などに代表されます。複数が一度に出る場合もあれば、次々と移り変わることもあります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー