遺伝性痙性対麻痺

症状:脚の痙攣(けいれん)、収縮、こわばりなどの症状が現れます。 次第に歩行障害が生じるようになり、つま先を引きずって歩くようになります。


肺性心

症状:咳、足のむくみ、疲労感、腹部膨満感、呼吸困難などの症状が現れます。


掌蹠膿疱症

症状:手のひらや足の裏に膿を伴った発疹が現れます。 胸の周囲に強い痛みを感じる場合もあります。


リンパ浮腫

症状:腕、手などの四肢の倦怠感やむくみが生じます。


足関節靱帯断裂

症状:足首をひねった後に強い痛みを伴います。


痛風

症状:足の親指の付け根が赤く腫れ上がり、刺すような痛みを感じる関節炎から始まります。 発症して1日から2日は歩くことが困難なほど強い痛みを伴います。


血栓性静脈炎

症状:静脈に沿って赤くなる、腫れる、痛みを伴うなどの症状が現れます。


収縮性心膜炎

症状:息切れ、疲労感、腹部の膨張感、食欲低下などの症状が徐々に現れます。


慢性糸球体腎炎

症状:自覚症状がない場合もありますが、血尿や高血圧などが1年以上持続します。


急性糸球体腎炎

症状:尿の出が悪くなる、血尿が出る、むくむ、などの症状が現れます。


ネフローゼ症候群

症状:手足のむくみが見られます。特に起立した状態では足のむくみが大きく出るようになります。また尿量の減少や血圧低下なども見られます。病気が進行するにつれてむくみも大きくなり、倦怠感も現れます。


心不全

症状:息苦しさや、動いているときの息切れ、むくみ等の症状が現れます。また、悪化すると就寝後まもなく呼吸困難に陥る場合があります。


慢性閉塞性肺疾患

症状:強い息切れや咳、痰などが症状とされます。進行すると息切れが重症化したり、慢性呼吸器不全による心不全や重度の肺炎などを引き起こすこともあります。


甲状腺機能低下症

症状:初期段階では目立った症状はありませんが、活動するのが億劫になったり、動作が緩慢になったりします。さらに、寒がりになる、足がむくむといった症状が現れます。その後慢性化してくると顔が腫れる、皮膚の乾燥、体重増加などの症状が現れます。また、進行すると様々な精神障害が見られるようになります。


肝硬変

症状:全身の倦怠感やむくみ、吐き気、皮膚の色素沈着などの全身性の症状を示します。また、さらに進行すると腹水や黄疸、肝臓の解毒機能が失われることによる意識障害などが引き起こされます。


アミロイドーシス

症状:肩の結節、強皮症様硬化、色素沈着、脱毛といった症状が皮膚に現れる他、食欲不振や手足の痺れ、めまい、不整脈、排尿障害、倦怠感、むくみなどが生じます。ただし、症状についてはどの部位においてアミロイドーシスが発症しているかにより異なります。


急性腎不全

症状:腎臓機能の急速な低下により尿量が大幅に減少します。それに伴い、老廃物が対外に排出されないことから、むくみや全身の倦怠感、食欲不振などが見られます。進行した場合には嘔吐感や高血圧、意識障害なども引き起こします。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー