光接触皮膚炎

症状:光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)とは、肌が光に当たると発疹、発赤、腫れ、痒み、水疱などの症状が現れます。


晩発性皮膚ポルフィリン症

症状:日光に当たることで水疱が生じます。 水疱が生じる大きさや場所は様々ですが、主に手の甲、腕、顔などの部分が多くなっています。


ハートナップ病

症状:青年期から発症することもありますが、多くは乳幼児から症状が現れます。 発作や発疹に加え、頭痛、幻覚、妄想、低身長、精神発達遅滞などの症状がみられる場合もあります。


総肺静脈還流異常症

症状:総肺静脈還流異常症(そうはいじょうみゃくかんりゅういじょうしょう)の場合、出生した直後から皮膚や粘膜が紫色を伴うチアノーゼがみられます。 呼吸の悪化、ショック状態へと進行することもあります。


掌蹠膿胞症

症状:掌(手のひら)と足底に小さな膿胞が現れて皮膚がむける症状を繰り返します。


尋常性乾癬

症状:頭皮を含めた様々な場所に湿疹がみられます。赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ)が代表的な症状です。


接触性皮膚炎

症状:痒みを伴う発疹が整髪量や化粧品、金属、植物などと接触した部分に現れます。水疱・紅斑・丘疹を伴う場合もあります。歯科金属アレルギーの場合、詰め物により慢性的な口内炎を起こすことがあります。


脂漏性皮膚炎

症状:症状に個人差はありますが、頭部や顔面に紅斑が現れます。痒みを伴う場合もありますが、症状は軽度であることが多いです。


手足口病

症状:手、足、口の中、肘、膝、お尻などに小さな水疱性の発疹が生じます。高熱(38度程度)を伴う場合もあります。


突発性発疹

症状:突発的な高熱が現れ、解熱と前後して全身に細かい発疹が現れます。熱性けいれんを併発することもあります。


脂漏性湿疹

症状:頭皮やおでこに垢(あか)のような、薄い黄色や白っぽいかさぶたが生じます。


丹毒

症状:突発的な発熱、頭痛、全身倦怠感が現れ、皮膚に赤み、かゆみ、痛みを伴う腫れが生じます。


光線過敏症

症状:光線が当たった部分にじんましん、丘疹(きゅうしん)、びらん、小水疱などの皮疹が現れます。


スイート病

症状:顔や手足に親指程度の大きさの紅斑(こうはん)が現れます。


紫斑

症状:皮膚や粘膜の血管から出血が生じるもので、赤紫の斑点が多発します。


天疱瘡

症状:口の粘膜や歯肉に水疱(すいほう)が多数できるものです。


紅皮症

症状:全身の皮膚が赤くなり、角質層が垢(あか)のようにはがれ落ちたり、皮がむけたりします。


扁平苔癬

症状:手足の先に平らに盛り上がった赤紫色のかゆみを伴った発疹が生じます。 これらは口の粘膜や外陰部に生じる場合もあります。


多形滲出性紅斑

症状:肘、膝、手、足の甲に左右対称にかゆみを伴う赤い発疹が現れます。 かぜのような症状が現れることもあります。


あせも

症状:かゆみを伴わない小さな水疱や、かゆみを伴った赤いぶつぶつが生じます。


アトピー性皮膚炎

症状:湿疹のような皮膚炎が生じます。


じんましん

症状:かゆみを伴い、大きさが様々な発疹ができるものです。


デング熱

症状:悪寒を伴う40度以上の高熱、全身の筋肉や関節の痛み、発疹などの症状が現れます。


ライム病

症状:森林や野山で虫に刺されて数日から1ヶ月程度で、傷口から赤い発疹が広がり、リンパ節が腫れ、発熱、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が現れる疾患です。


日本紅斑熱

症状:発熱、関節の痛み、頭痛、倦怠感などの症状に加え、紅斑が現れます。


疥癬症

症状:皮膚の柔らかい部分に無私さされのような赤くブツブツしたものができます。


伝染性紅斑

症状:両方の頬に境界がはっきりした赤い発疹ができ、りんごのように真っ赤にになり、続いて手足に網目状の発疹が広がります。


水ぼうそう

症状:赤く小さな発疹ができ、次第に水痘(すいとう)になります。


風疹

症状:発熱、赤く細かい発疹が出るなどの症状が現れます。


麻疹

症状:鼻汁、結膜の充血、目やになどの症状と、38度前後の高熱が出て、頬の裏粘膜に小水疱が現れます。


混合性結合組織病

症状:手指が冷たく青白くなる、手が腫れぼったくなる、関節痛、発熱、顔の紅斑、皮膚の硬化上腕や大腿の筋力低下などの症状が現れます。


食物アレルギー

症状:原因となる食物を摂取してから、30分~1時間で、じんましん、湿疹、皮膚のかゆみ、下痢、嘔吐、咳などの症状が現れます。


多発性筋炎

症状:筋力の低下、関節痛などの症状が現れます。これらの症状は日常生活に支障をきたすほどになり、顔や手に薄紅色の発疹ができて皮がむけるなどの症状が現れる場合もあります。


悪性黒色腫

症状:手のひら、足のうら、爪の裏、口の中などを中心に不規則な形のほくろ状のものができます。


足白癬・手白癬

症状:足に激しいかゆみを伴って指の間がふやけたりただれたりする、足の裏に小さな水疱ができ、むれると激しいかゆみを伴う、足の裏などの角質が分厚くなりガサガサになる、などの症状が現れます。 または片手の角質が魚の鱗のようになって紅斑が現れます。 一般的に「水虫」とよばれるものです。


体部白癬

症状:皮膚はうろこ状になり、さかい目は薄桃色になります。激しいかゆみや痛みを伴う場合もあります。


頭部白癬

症状:かゆみを伴う薄紅色のうろこ状の皮疹が現れたり、頭皮が部分的に抜け落ちたりします。


疥癬

症状:手の指、腹部、陰部などに赤く小さな発疹が複数できます。


乾癬

症状:肘、膝、腰、頭などに盛り上がった鮮紅色の斑点が出るなどの症状が現れます。


貨幣状湿疹

症状:コイン(貨幣)のような円状の湿疹ができることに由来して名付けられたもので、赤い丘疹(きゅうしん)ができ、強いかゆみを伴います。


接触皮膚炎

症状:強い赤み、腫れを伴い、痛みや熱感が生じる場合もあります。これらは特定の物質に接触することによって生じるものです。


つつが虫病

症状:虫刺され部分が赤い水疱になり、近くのリンパ節が腫れ、頭痛、食欲低下、倦怠感、発熱などの症状が現れます。 さらに発疹が全身へ広がります。


血友病

症状:はいはいする時期に膝や肘の皮下に血のかたまりができやすく、けがをした際に血がとまりにくいなどの症状が現れます。


遺伝性出血性毛細血管拡張症

症状:大量の鼻血を繰り返します。


アナフィラクトイド紫斑病

症状:関節痛、腹痛などの症状を引き起こし、腎炎を併発する場合もあります。


単純性紫斑

症状:体を軽くぶつけただけで、脚やおしり部分に紫斑ができるものです。


血小板減少性紫斑病

症状:歯ぐきからの出血、鼻血、血尿、皮膚の点状出血、月経過多などの症状が現れます。


にきび

症状:顔、胸、背中などの皮脂が多い部分に白または黒色の発疹ができます。 発疹は徐々に赤くなり、膿を持つようになります。


尋常性白斑

症状:皮膚の色が部分的に白くなる症状が現れます。


皮膚筋炎

症状:筋力が低下する症状が現れます。 筋力が低下するため疲れやすく、物を持ったり、階段を上ったりすることが辛くなります。 また、まぶたや関節部分に紫紅色の皮疹が出る場合もあります。


帯状疱疹

症状:皮膚が帯状に痛み、4日から5日後に赤い発疹や水泡などが現れます。水疱部には少し触れただけでも激しい痛みを感じます。


骨髄異形成症候群

症状:主な症状としては全身の倦怠感、発熱、貧血、疲労感、発熱などがあげられます。


急性白血病

症状:動悸や倦怠感などの症状がみられる他に、出血しやすくなり、感染症にもかかりやすくなります。


多発性骨髄腫

症状:免疫力が低下します。また、がん化した形質細胞は骨髄内で周りの骨を破壊しながら増殖するため、背中や腰に痛みがあったり、わずかな力を加えただけで骨折してしまうなどの症状が現れます。このほか、原因不明の発熱や、造血機能に生じた障害によって倦怠感や動悸などの貧血症状や出血が起きやすくなるなどの症状がみられるようになります。


シェーグレン症候群

症状:初期段階では、軽度のドライアイ(目の乾燥)やドライマウス(口の渇き)などが挙げられます。進行すると、全身の分泌腺がおかされることで、内蔵機能障害や嚥下障害(えんげしょうがい)などの症状が現れることがあります。


アジソン病

症状:圧迫されている部分や日光が当たる部分に色素沈着がみられ、立ちくらみ、脱力感や無気力、食欲低下などの症状がみられます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー