原発性アルドステロン症

症状:血圧の上昇が主な症状として挙げられます。 他にも、倦怠感、筋力の低下、のどの渇きからくる多飲、多尿などの症状が現れます。


中枢性尿崩症

症状:のどの乾き、多尿が主な症状です。 唾液が出にくくなるため大量の水分を補給します。冷たい飲み物や氷水を好み、水分が補給できない状況になると脱水症状となり、ショック状態や低血圧を引き起こすこともあります。


膀胱瘤

症状:膣や股の不快感、股に何かはさまっているように感じるなど下腹部の違和感に加えて、残尿感などの症状が現れます。


前立腺肥大症

症状:尿が細くなる、出にくくなる、頻尿、残尿感などの症状が現れます。


神経性頻尿

症状:頻尿や残尿感が生じます。


過活動膀胱

症状:突発的な強い尿意が現れるもので、我慢できずにまたはトイレに間に合わないために失禁してしまうということが日常的に生じます。


神経因性膀胱

症状:頻尿、残尿感、尿失禁、などの症状が現れます。


非特異性膣炎

症状:悪臭を伴った黄色のおりものが出る、下腹部に痛みを伴うなどの症状が現れることがあります。


尿路感染症

症状:排尿時に痛みを伴う、頻尿、残尿感などの症状が現れ、腰痛や発熱などの症状が生じることもあります。


子宮下垂・子宮脱

症状:下腹部に違和感や圧迫感を感じ、性器が膣口から下降脱出します。


前立腺がん

症状:初期段階は無症状ですが、徐々に尿の出が細くなって時間がかかります。 症状が進行すると、血尿が出たり、尿が出なくなるなどの症状が現れるもの場合もあります。


慢性前立腺炎

症状:残尿管、頻尿、排尿時に痛みを伴うなどの症状が現れます。 性欲の減退、早漏などが伴う場合もあります。


膀胱炎

症状:頻尿、排尿時に痛みを伴う、残尿感などの症状が現れ、尿がにごったり、血が混じることもあります。


尿崩症

症状:通常の倍以上の多尿、皮膚や粘膜の乾燥、倦怠感があるなどの症状が現れます。


卵巣嚢腫

症状:卵巣腫瘍は初期の段階では症状は出ませんが、嚢腫が大きくなるにしたがって、腹部膨満感、腹痛などの症状が現れ始めます。進行すると激しい腹痛や嘔吐、残尿感、頻尿などが生じることもあります。


副甲状腺機能亢進症

症状:骨折しやすくなります。尿の量が増加したり、のどが乾きやすくなるなどによって通常より水分を多く摂取するようになりますが、血中カルシウム濃度があまり増えない場合などは症状がでにくい(出ない)ケースもあります。


骨盤腹膜炎

症状:吐き気、下腹部痛などとされています。また、悪寒を伴う39度以上の発熱も特徴的です。慢性期になると、骨盤内の臓器が癒着し、腹部の膨満感や下痢、便秘などの症状も見られるようになります。


急性前立腺炎

症状:尿道や下腹部に不快感や鈍い痛みを感じ、尿が濁ります。その後、排尿の終わりに尿道が熱く感じたり、強い痛みを感じるようになり、残尿感から頻尿などの症状が現れます。


尿道炎

症状:排尿時に痛みや尿道が熱いと感じるような症状が現れます。女性が尿道炎になった場合は、黄色~白いおりものが出ます。


膀胱がん

症状:多くの場合、尿の症状が出ることにより発見されます。また、癌が発生する部位によっては頻尿、排尿痛などの症状が現れることがあります。


腎盂腎炎

症状:突然の腹痛や背中の痛み、吐き気、排尿痛などの症状も挙げられます。


心不全

症状:息苦しさや、動いているときの息切れ、むくみ等の症状が現れます。また、悪化すると就寝後まもなく呼吸困難に陥る場合があります。


高カルシウム血症

症状:軽度の場合は脱力感、集中力低下、頭痛、食欲不振、便秘など軽度な症状を見せますが、症状が進行すると中枢神経にダメージを与え、記憶障害や傾眠などの症状をきたします。


糖尿病

症状:それぞれにおいて初期段階では無症状であることが多いですが、糖尿病の進行と共に、「喉の渇き」「多尿」「全身倦怠感」「体重減少」などが見られます。さらに進行すると糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害といった様々な病気を合併します。


子宮筋腫

症状:月経痛が強い、月経の出血量が多い、月経以外の出血がある、貧血、下腹部にしこりを感じる、などの症状がみられます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー