正常圧水頭症

症状:正常圧水頭症(せいじょうあつすいとうしょう)では、物忘れが多くなる、集中力の低下、呼びかけに対しての反応が悪くなるなどの痴呆症状が生じます。


老年期精神病

症状:老年期精神病(ろうねんきせいしんびょう)では、誤った妄想、被害妄想が主な症状となります。 嫌がらせをされている、誰かが家に侵入しているなどや、嫉妬から始まり、体の体調不良を過度に訴えることもあります。


結核性髄膜炎

症状:症状の進行は亜急性(やや緩やか)ですが、今まで感じたことのないほどの激しい頭痛と発熱が特徴です。また、嘔吐のほか、首が硬くなるなどの身体障害が出ることがあります。進行すると意識障害や意識混濁などが現れます。


日本脳炎

症状:突発的な38度前後の高熱、頭痛、嘔吐、下痢を伴います。 けいれん、意識障害、手足のまひなどを伴う場合もあります。


二次性低血圧症

症状:めまい、倦怠感などが現れます。 また、ショック症状や意識障害、四肢のしびれなどが生じる場合もあります。


CO2ナルコーシス

症状:意識障害、頭痛、ふるえ、発汗などの神経症状が現れ、自発呼吸が困難な状態


てんかん(小児期)

症状:全身が突っ張られるようにして倒れる、けいれんする、意識を失うなどの症状が現れます。


てんかん

症状:全身が突っ張られるようにして倒れる、けいれんする、意識を失うなどの症状が現れます。


糖尿病性昏睡

症状:口が渇きやすい、嘔吐、腹痛、脱水などの症状を伴い、昏睡に至ります。


門脈圧亢進症

症状:吐血、下血、腹水、意識障害などの症状が現れることがあります。


脳血管性痴呆

症状:感情の起伏が激しくなる、うつ状態、性格の変化、記憶力低下などの症状が現れます。


統合失調症

症状:幻聴が生じたり、被害妄想や誇大妄想を抱くようになり、思考、感情、行動に異常がみられるようになります。


慢性腎不全

症状:吐き気、頭痛、倦怠感、集中力低下などを伴った症状が現れます。症状が進行すると、貧血や尿毒症症状が現れますが、初期段階では自覚症状はほとんどありません。


低カルシウム血症

症状:疲れやすさ、不整脈、けいれん、興奮、錯乱、意識混濁などの症状が現れる場合があります。


多発性硬化症

症状:物が二重に見える、視力が低下するなどの症状が現れます。また、運動障害を伴ったり、痛みなどの異常感覚を体の一部に感じる場合もあります。


慢性疲労症候群

症状:日常生活に対して不具合を生じるほどの強烈な疲労感や集中力の低下といった症状が見られ、人によってはリンパ節の痛みや喉の痛みなどを伴うことがあります。


高カルシウム血症

症状:軽度の場合は脱力感、集中力低下、頭痛、食欲不振、便秘など軽度な症状を見せますが、症状が進行すると中枢神経にダメージを与え、記憶障害や傾眠などの症状をきたします。


肝硬変

症状:全身の倦怠感やむくみ、吐き気、皮膚の色素沈着などの全身性の症状を示します。また、さらに進行すると腹水や黄疸、肝臓の解毒機能が失われることによる意識障害などが引き起こされます。


心的外傷後ストレス障害(PTSD)

症状:多くの場合、こうしたトラウマ(心的外傷)を受けた時期から半年以内に症状を発症します。突然当時の恐怖心や不安感、身体的な感覚が呼び戻されること、夢で同じ体験をしてしまうなどが挙げられます。また、神経過敏になったり、怒りっぽくなるなどといった症状を発症する場合があります。


アルツハイマー病

症状:記憶障害や情緒不安定、日付や日時、場所や人の判別ができなくなるなどの失見当職などを伴った症状が徐々に進行し、やがて日常動作が難しくなっていきます。慢性的に症状が進行します。


急性腎不全

症状:腎臓機能の急速な低下により尿量が大幅に減少します。それに伴い、老廃物が対外に排出されないことから、むくみや全身の倦怠感、食欲不振などが見られます。進行した場合には嘔吐感や高血圧、意識障害なども引き起こします。


劇症肝炎

症状:一般的な劇症肝炎の症状としては急速な黄疸、記憶力の低下、錯乱、強烈な吐き気、振戦などが挙げられます。放置するとやがてこん睡状態となります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー