ウェルシュ菌食中毒

症状:ウェルシュ菌食中毒(うぇるしゅきんしょくちゅうどく)は、食後約6時間から18時間の潜伏期間を経て症状が現れます。 主症状は腹痛と下痢です。


ウィリス動脈輪閉塞症

症状:ウィリス動脈輪閉塞症の主な症状としては頭痛、けいれん、運動障害、感覚障害、意識障害などが挙げられます。 泣く、笑う、熱いものを冷ますためにフーフーと息を吹きかける、吹奏楽器を吹く、歌うなどの激しい過呼吸運動をきっかけに症状が現れることが多くなっています。


右胸心

症状:右胸心(うきょうしん)では自覚症状は現れません。 心奇形を併発している場合はそれらの症状が現れます。


うっ血性心不全

症状:うっ血性心不全(うっけつせいしんふぜん)は、心臓の右心室と左心室のどちらに障害が生じているかによって現れる症状が異なります。


うっ帯性乳腺炎

症状:乳房が急激に張り、乳房が張った感じ、疼くような痛みを伴い、乳頭からは乳汁が出ます。


ウエストナイル熱

症状:突発的な発熱、頭痛、筋肉痛、筋力低下、食欲不振などの症状が現れます。


ウイルス性肺炎

症状:咽頭、喉頭などの炎症である上気道炎、続いて気管、気管支などの炎症である下気道炎が生じ、咳、痰、頭痛、発熱などの症状が現れます。


胃食道逆流性咳嗽

症状:痰の絡まない乾いた咳が特に空腹時や夜間に生じやすく、胸やけ、口が苦く感じるなどの症状が現れます。


ウィルムス腫瘍

症状:腹痛、腹部の膨満感、食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱、血尿、不機嫌などの症状が現れます。


ウェゲナー肉芽腫症

症状:咳、鼻汁、発熱、関節痛、倦怠感、のどの痛み、血痰、血尿、むくみなどの様々な症状が現れますが、稀少な病気です。


ウイルス性髄膜炎

症状:症状としては、発熱、頭痛、嘔吐、下痢などの症状が現れます。また、ウイルス性髄膜炎の特徴的な症状として、首を前に曲げにくいという頂部硬直症状が起こります。


ウイルス性脳炎

症状:それぞれ風邪に似た症状から始まりますが、急速に進行し高熱や激しい頭痛、嘔吐などの症状が現れます。さらに、けいれんや手足の麻痺、意識障害に至る場合もあります。発症から数日で症状がピークに達します。重症化すると呼吸困難や昏睡状態に陥って死亡するケースもあります。


うつ病

症状:イライラするなどの焦燥感を持つ、意欲低下、疲労感、倦怠感、頭重、頭痛、便秘や下痢などの症状がみられるようになります。また、多くの場合は睡眠障害を訴えます。


ウイルス性肝炎

症状:発熱、倦怠感、吐き気など風邪に似た症状で、黄疸がでることもあります。人によっては無症状のまま進行する可能性もあります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー