遺伝性痙性対麻痺

症状:脚の痙攣(けいれん)、収縮、こわばりなどの症状が現れます。 次第に歩行障害が生じるようになり、つま先を引きずって歩くようになります。


陰茎がん

症状:陰茎がん(いあんけいがん)は自覚症状が現れにくいのが特徴です。 症状が進行すると排尿困難、痛み、出血などの症状が現れます。


いびき

症状:就寝中にいびきをかきます


喉頭がん

症状:のどの違和感や声のかすれといった症状が見られ、進行すると血痰やのどの痛み、呼吸困難、喘鳴などが生じます。


胃ポリープ

症状:一般的に自覚症状は現れません。


胃アトニー

症状:胃もたれする、食事が進まない、体重が減少するなどの症状が現れます。


胃食道逆流性咳嗽

症状:痰の絡まない乾いた咳が特に空腹時や夜間に生じやすく、胸やけ、口が苦く感じるなどの症状が現れます。


咽頭アレルギー

症状:痰を伴わない乾いた咳と、のどの違和感が3週間以上続くものです。


陰嚢水腫

症状:陰嚢が膨らんで大きくなりますが、痛みは伴いません。


萎縮性膣炎

症状:外陰部がただれる、おりものが黄色っぽくなる、血が混じる、悪臭を伴うなどの症状が現れることがあります。


胃食道逆流症

症状:空腹時や横になった際に、胸焼けや口の中が酸っぱく感じるなどの症状が現れます。


咽喉頭異常感症

症状:のどに何か詰まっているような異物感や不快感が現れます。


咽頭結膜熱

症状:のどの痛み、目の充血、涙目、目やに、高熱、まぶしく感じるなどの症状が現れます。 その多くは片目から始まって、その後反対側の目にも遅れて症状が現れます。


咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭を伴った鼻汁などの症状が現れます。 進行すると物が二重に見える、耳が詰まるなどの症状が現れることもあります。


遺伝性出血性毛細血管拡張症

症状:大量の鼻血を繰り返します。


1型糖尿病

症状:のどの乾き、多尿、倦怠感などの症状が現れます。 初期症状は全くありません。


感覚異常性大腿神経痛

症状:大腿部の外側、膝関節、下肢、おしり部分へと痛みが広がっていきます。


胃潰瘍

症状:食後に上腹部痛を感じることが多く、胸やけ、げっぷ、吐き気、嘔吐、吐血、便の色が黒いなどの症状が現れます。


胃酸過多症

症状:胃もたれや胸やけ、げっぷ、胃痛(特に空腹時)、胃液がこみ上げるなどの症状が現れます。


胃けいれん

症状:上腹部(みぞおち付近)の激痛が特徴で、痛みは数分から数時間程度までと時間に幅があります。嘔吐や冷や汗が出る人もいます。


咽頭炎

症状:発熱、喉の痛みなどが現れます。


インフルエンザ

症状:38度以上の高熱、頭痛、悪寒、関節痛、倦怠感などの症状が2~3週間続き、その後鼻汁やのどの痛みなどの症状が現れます。


遺伝性球状赤血球症

症状:一般的な貧血症状のほかに、脾臓の腫れによる左腹部の痛みや高熱、黄疸、胆石症の合併などがみられます。普段は目立つ症状がない場合も伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルスに感染すると、重い貧血の症状が現れることがあります。


胃切除後症候群

症状:胃を切除した人に見られる諸症状です。


胃がん

症状:初期症状には特別な症状が見られることはほとんどありませんが、進行すると腹痛、胃の不快感、嘔吐、吐血などが見られます。進行するとやがて全身倦怠感や体重の減少なども目立つようになります。


E型肝炎

症状:E型肝炎は、感染後1週間~2ヶ月で発症します。風邪のような症状や黄疸などがみられた後、1~2ヶ月ほどで自然に治ります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー