光接触皮膚炎

症状:光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)とは、肌が光に当たると発疹、発赤、腫れ、痒み、水疱などの症状が現れます。


掌蹠膿胞症

症状:掌(手のひら)と足底に小さな膿胞が現れて皮膚がむける症状を繰り返します。


フケ症

症状:フケとは古くなった頭皮の角質細胞のことをいい、フケが出ることは生理的な減少です。「フケ症」とは、異常にフケが多く、痒みを伴うものをいいます。


尋常性乾癬

症状:頭皮を含めた様々な場所に湿疹がみられます。赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ)が代表的な症状です。


接触性皮膚炎

症状:痒みを伴う発疹が整髪量や化粧品、金属、植物などと接触した部分に現れます。水疱・紅斑・丘疹を伴う場合もあります。歯科金属アレルギーの場合、詰め物により慢性的な口内炎を起こすことがあります。


脂漏性皮膚炎

症状:症状に個人差はありますが、頭部や顔面に紅斑が現れます。痒みを伴う場合もありますが、症状は軽度であることが多いです。


鼻の変形

症状:鼻の変形は、その形状によって数種類に分けられ、治療法もそれぞれ異なります。


口蓋裂

症状:口蓋裂(こうがいれつ)とは、生まれつき、口の中が上あごからのどの方にかけて割れている状態のことを指します。


口唇裂

症状:口唇裂とは、生まれつき上唇が割れている状態のことを指します。


わきが

症状:わきがとは、腋(わき)の下から刺激のある悪臭を伴った汗が出るもので、腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれる場合もあります。


無汗症

症状:無汗症とは、汗が出ない病気です。


多汗症

症状:多汗症(たかんしょう)とは、暑さを感じない状態であっても汗が異常に多く出る病気です。


ふけ症

症状:頭皮にかゆみを伴う皮膚炎が生じ、慢性化した状態をいいます。


基底細胞がん

症状:基底層や毛包などを構成している細胞から発病する皮膚がんのことを指します。


有棘細胞がん

症状:表皮の中間層である有棘層を(ゆうきょくそう)を構成している細胞から発生する皮膚がんです。


ガングリオン

症状:比較的硬く、弾力のある数mm~数cmの主に手足の関節付近に生じる腫瘍です。


粉瘤

症状:皮膚の下に脂肪の固まりのようなものができる状態です。


カポジ水痘様発疹症

症状:皮膚が赤く腫れて水ぶくれとなり、その後かさぶたが生じます。


単純疱疹

症状:一般的に「単純ヘルペス」とも呼ばれる疾患で、粘膜に痛みを伴う小さな水疱(すいほう)が現れます。


リンパ節炎

症状:リンパ節に腫れや圧痛を伴う炎症が生じます。


丹毒

症状:突発的な発熱、頭痛、全身倦怠感が現れ、皮膚に赤み、かゆみ、痛みを伴う腫れが生じます。


とびひ

症状:肌にかゆみを伴った水疱(すいほう)や、かさぶたが生じます。


ケロイド

症状:皮膚の一部がひきつれて赤または赤褐色となり、その部分が隆起している状態です。


熱傷

症状:一般的に「やけど」と呼ばれるものでその症状の深さによって下記のようにⅠ~Ⅲ度に大別されます。


床ずれ

症状:寝返りが打てず、同じ体位(寝たままの状態)が持続することで、決まった部位が圧迫を受け続け、その結果、圧迫を受け続けた部分の皮膚がただれる疾患です。


凍傷

症状:0度以下の空気に皮膚がさらされたことによって生じるものです。


電撃傷

症状:電撃を受けた部分に「電撃斑」と呼ばれる瘢痕(はんこん)が現れます。


放射線皮膚炎

症状:軽度のやけど状に赤くなる、潰瘍ができるなどの症状が現れたり、色素沈着や皮膚の萎縮が現れます。


光線過敏症

症状:光線が当たった部分にじんましん、丘疹(きゅうしん)、びらん、小水疱などの皮疹が現れます。


スイート病

症状:顔や手足に親指程度の大きさの紅斑(こうはん)が現れます。


リール黒皮症

症状:顔面の広い範囲に色素沈着が生じます。


白皮症

症状:皮膚や毛髪などが白くなるものですで、瞳の虹彩がピンク色になる場合もあります。


紫斑

症状:皮膚や粘膜の血管から出血が生じるもので、赤紫の斑点が多発します。


魚鱗癬

症状:腕や脚の皮膚表面が硬くなる、カサカサするなどの症状が現れます。


天疱瘡

症状:口の粘膜や歯肉に水疱(すいほう)が多数できるものです。


紅皮症

症状:全身の皮膚が赤くなり、角質層が垢(あか)のようにはがれ落ちたり、皮がむけたりします。


毛孔性苔癬

症状:腕から肩にかけてザラザラした感触になりますが、かゆみはともないません。


扁平苔癬

症状:手足の先に平らに盛り上がった赤紫色のかゆみを伴った発疹が生じます。 これらは口の粘膜や外陰部に生じる場合もあります。


多形滲出性紅斑

症状:肘、膝、手、足の甲に左右対称にかゆみを伴う赤い発疹が現れます。 かぜのような症状が現れることもあります。


結節性紅斑

症状:脚に赤みを帯びたしこりが多数できるもので、何もしない状態でも痛みを伴う場合としこりを押すと痛みを伴う場合があります。


皮膚掻痒症

症状:皮膚表面に何も異常がないのに体にかゆみが生じる疾患です。


乾皮症

症状:皮膚が乾燥して白い粉を吹いたような状態になったり、亀裂がみられるようになります。


皮脂欠乏性湿疹

症状:下肢を中心に生じる皮膚炎で、乾燥する冬季に悪化しやすく、かゆみを伴い、垢のようなものがはがれ落ちる場合もあります。


あせも

症状:かゆみを伴わない小さな水疱や、かゆみを伴った赤いぶつぶつが生じます。


アトピー性皮膚炎

症状:湿疹のような皮膚炎が生じます。


じんましん

症状:かゆみを伴い、大きさが様々な発疹ができるものです。


脂漏性皮膚炎

症状:皮膚が痒みを伴って赤くなり、フケ状の白いものがはがれ落ちるようになります。


巻き爪

症状:爪の両側が皮膚に食い込むもので、炎症が生じると痛みを伴います。


たこ・うおのめ

症状:皮膚の一部が慢性的に刺激をうけることによって角質の盛り上がりができます。


掌蹠膿疱症

症状:手のひらや足の裏に膿を伴った発疹が現れます。 胸の周囲に強い痛みを感じる場合もあります。


時計ガラス爪

症状:指先が肥大化し、それとともに爪の甲や爪先が指先を包むように丸くなります。


爪甲剥離症

症状:皮膚と密着している爪の表面が離れたり、剥がれそうになっている状態となります。


匙型爪甲

症状:爪が平らになる、反り返るなどの症状が現れます。


爪周囲炎

症状:爪の周囲が腫れる、化膿するなどの症状が現れます。


爪白癬

症状:爪が白濁する、徐々に爪が厚くなる、爪が崩れたり薄くはがれたりする、爪が変形するなどの症状が現れます。


手湿疹

症状:指の皮膚が乾燥して皮膚が硬くなる、または、指の腹などに丘疹や水ぶくれができるなどの症状が現れます。


ヘルペス性歯肉口内炎

症状:歯肉が鮮やかな紅色になり、白または黄色の小さい潰瘍がたくさんできるものです。


皮膚カンジダ症

症状:皮膚にピンク色の湿疹が現れ、強いかゆみを伴って広がるものです。 皮膚カンジダが発症するのは口内、指、爪、わきの下、乳房の下、外陰部など様々です。


眼瞼下垂

症状:上まぶたがたるんで目にかぶさるようになり、肩こり、頭痛、不眠、便秘など病気によって様々な症状が表れます。


顎関節脱臼

症状:あごの関節が外れて口を閉じることができなくなります。


尋常性毛瘡

症状:かみそり等でひげを剃るなどした場合に生じた傷の部分に、膿や赤い丘疹が生じます。


酒さ様皮膚炎

症状:副腎皮脂ステロイド薬を塗布した後に顔面の皮膚が赤くなり、腫れや痛みを伴います。


抜毛症

症状:正常に生えている髪の毛や眉毛、まつ毛をを抜く癖が現れます。


薬物による脱毛症

症状:抗悪性腫瘍薬などの副作用で毛が抜けるものです。


脂腺母斑

症状:うまれつき黄色みを帯びて少し盛り上がっているあざが頭にあるものです。


瘢痕性無毛症

症状:やけどや外傷によって損傷した部分の毛が抜けてしまいます。


先天性無毛症

症状:生まれつき毛が生えません。


壮年性脱毛症

症状:額から頭頂部にかけての毛髪が徐々に抜けていきます。 20歳以降で年齢が高くなるほど抜け毛が増加するものです。


円形脱毛症

症状:毛髪が円形に抜けますが、痛みやかゆみなどは伴いません。


多毛症

症状:全身の毛の量が多くなる症状です。


原発性胆汁性肝硬変

症状:全身に皮膚のかゆみが生じ、その後倦怠感などの症状が出てきます。 中年の女性に多い病気です。


悪性黒色腫

症状:手のひら、足のうら、爪の裏、口の中などを中心に不規則な形のほくろ状のものができます。


足白癬・手白癬

症状:足に激しいかゆみを伴って指の間がふやけたりただれたりする、足の裏に小さな水疱ができ、むれると激しいかゆみを伴う、足の裏などの角質が分厚くなりガサガサになる、などの症状が現れます。 または片手の角質が魚の鱗のようになって紅斑が現れます。 一般的に「水虫」とよばれるものです。


体部白癬

症状:皮膚はうろこ状になり、さかい目は薄桃色になります。激しいかゆみや痛みを伴う場合もあります。


頭部白癬

症状:かゆみを伴う薄紅色のうろこ状の皮疹が現れたり、頭皮が部分的に抜け落ちたりします。


疥癬

症状:手の指、腹部、陰部などに赤く小さな発疹が複数できます。


乾癬

症状:肘、膝、腰、頭などに盛り上がった鮮紅色の斑点が出るなどの症状が現れます。


貨幣状湿疹

症状:コイン(貨幣)のような円状の湿疹ができることに由来して名付けられたもので、赤い丘疹(きゅうしん)ができ、強いかゆみを伴います。


接触皮膚炎

症状:強い赤み、腫れを伴い、痛みや熱感が生じる場合もあります。これらは特定の物質に接触することによって生じるものです。


遺伝性出血性毛細血管拡張症

症状:大量の鼻血を繰り返します。


アナフィラクトイド紫斑病

症状:関節痛、腹痛などの症状を引き起こし、腎炎を併発する場合もあります。


単純性紫斑

症状:体を軽くぶつけただけで、脚やおしり部分に紫斑ができるものです。


血小板減少性紫斑病

症状:歯ぐきからの出血、鼻血、血尿、皮膚の点状出血、月経過多などの症状が現れます。


にきび

症状:顔、胸、背中などの皮脂が多い部分に白または黒色の発疹ができます。 発疹は徐々に赤くなり、膿を持つようになります。


尋常性白斑

症状:皮膚の色が部分的に白くなる症状が現れます。


顔面神経まひ

症状:顔の片側が無表情になり、口やまぶたを閉じることが出来なくなるなどの症状が現れます。


帯状疱疹

症状:皮膚が帯状に痛み、4日から5日後に赤い発疹や水泡などが現れます。水疱部には少し触れただけでも激しい痛みを感じます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー