喉頭炎

症状:声がかれたり、咳や痰がでるようになります。また、モノを食べるときの痛み(嚥下痛)を伴うこともあります。


喉頭がん

症状:のどの違和感や声のかすれといった症状が見られ、進行すると血痰やのどの痛み、呼吸困難、喘鳴などが生じます。


反回神経まひ

症状:言葉が途切れやすくなる、咳が出る、食べ物や唾液が気管に入りやすくなるなどの症状が現れます。


ポリープ様声帯

症状:声がかれる、声が低くなるなどの症状が現れ、息苦しく感じることもあります。


声帯結節

症状:かれたような声になり、高い声が出しにくくなります。


声帯ポリープ

症状:声質が変化し、かすれたような声(嗄声(させい)になったり、声が出しにくくなるなどの症状が現れます。


急性喉頭蓋炎

症状:のどが腫れて痛み、物が飲み込めなくなります。 高熱を伴う場合もあります。


慢性咽喉頭炎

症状:のどの痛み、咳払いなどの症状が長期間にわたって続くもので、のどが乾く感じや異物感などを伴うこともあります。


下咽頭がん

症状:のどの違和感、耳の奥に痛みを感じる、声が枯れる、首筋にしこりを感じるなどの症状が現れます。


中咽頭がん

症状:のどの痛み、物を飲み込むときの痛み、耳の奥の痛みなどの症状が現れます。


咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭を伴った鼻汁などの症状が現れます。 進行すると物が二重に見える、耳が詰まるなどの症状が現れることもあります。


上咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭のある鼻汁、耳詰まり感などの症状が現れ、進行すると頸部リンパ節に腫れが生じます。


アナフィラキシーショック

症状:口や手足のしびれ、じんましん、めまい、顔面蒼白、呼吸困難などの強い症状が現れ、重症化すると意識を失う場合もあります。


咽頭炎

症状:発熱、喉の痛みなどが現れます。


肺結核

症状:咳や痰、胸に痛みを感じるなどの風邪に似た症状が長期間続きます。血が混じった痰が出たり、体重減少、呼吸困難などの症状が出る場合もあります。


シェーグレン症候群

症状:初期段階では、軽度のドライアイ(目の乾燥)やドライマウス(口の渇き)などが挙げられます。進行すると、全身の分泌腺がおかされることで、内蔵機能障害や嚥下障害(えんげしょうがい)などの症状が現れることがあります。


甲状腺機能低下症

症状:初期段階では目立った症状はありませんが、活動するのが億劫になったり、動作が緩慢になったりします。さらに、寒がりになる、足がむくむといった症状が現れます。その後慢性化してくると顔が腫れる、皮膚の乾燥、体重増加などの症状が現れます。また、進行すると様々な精神障害が見られるようになります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー