光接触皮膚炎

症状:光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)とは、肌が光に当たると発疹、発赤、腫れ、痒み、水疱などの症状が現れます。


鼻アレルギー

症状:数回から数十回に及ぶくしゃみ、水性鼻漏(水のようにサラサラとした鼻水)、鼻づまりなどの症状が現れます。


飛蚊症

症状:目の前に小さな虫や糸くずのようなものが見えます。少量の場合は問題ありませんが、急に数が増えた場合などは病気の可能性もあります。


皮膚掻痒症

症状:皮膚表面に何も異常がないのに体にかゆみが生じる疾患です。


皮脂欠乏性湿疹

症状:下肢を中心に生じる皮膚炎で、乾燥する冬季に悪化しやすく、かゆみを伴い、垢のようなものがはがれ落ちる場合もあります。


肥満症

症状:肥満の状態にあり、この肥満が原因または起因となって健康障害を合併しており、医学的に体重を減らす必要があるとされる場合を「肥満症」といいます。


びまん性汎細気管支炎

症状:痰が出る、息苦しくなるなどの症状が現れます。


ビタミンB1欠乏性ニューロパチー

症状:手足の感覚異常、まひなどの症状が現れ、腱反射の消失が現れる場合もあります。


非特異性膣炎

症状:悪臭を伴った黄色のおりものが出る、下腹部に痛みを伴うなどの症状が現れることがあります。


頻発月経

症状:月経周期が24日より短い間隔で訪れます。


膝関節靱帯断裂

症状:膝をひねった後に、痛みや腫れを伴い、歩行が困難になります。 また、皮下出血が生じることもあります。


膝半月板断裂

症状:膝関節に強い痛みを伴い、腫れたり内出血したりすることもあります。


疲労骨折

症状:足の一点に痛みが生じ、腫れを伴います。


非定型抗酸菌症

症状:倦怠感、痰が出るなどの軽度症状が現れ、長期にわたって続きます。


皮膚カンジダ症

症状:皮膚にピンク色の湿疹が現れ、強いかゆみを伴って広がるものです。 皮膚カンジダが発症するのは口内、指、爪、わきの下、乳房の下、外陰部など様々です。


鼻腔異物

症状:鼻に異物を入れたことで発症するもので、子どもに多くみられます。 血が混じったような悪臭のある鼻汁が出ます。


鼻出血

症状:鼻をかんだ際などに出血するものです。


鼻涙管閉塞

症状:常に目がうるんでいる、目やにが出る、腫れる、赤みを伴っているなどの症状が現れます。


鼻性視神経炎

症状:片目の視力低下、視野の狭窄、眼痛、色覚異常など眼の症状が現れます。 鼻づまりや鼻水などの鼻症状もみられます。


皮膚筋炎

症状:筋力が低下する症状が現れます。 筋力が低下するため疲れやすく、物を持ったり、階段を上ったりすることが辛くなります。 また、まぶたや関節部分に紫紅色の皮疹が出る場合もあります。


非小細胞がん

症状:咳や血が混じった痰が出るなどの症状が現れますが、自覚症状がない場合も多くみられます。


肥厚性幽門狭窄

症状:授乳中にお乳を口や鼻から勢いよく吐き出すようになり、その状態を繰り返すうちに体重が減少し、重症化した場合脱水症状を引き起こすこともあります。女児よりも男児に多く見られる病気です。


百日咳

症状:症状は風邪に似ており、咳や鼻水がでますが、発熱するケースは稀です。また、その後発作性の咳が出るようになります。乳児では呼吸困難を引き起こす場合もあります。


B型肝炎

症状:B型肝炎は、感染後1~6ヶ月で発症します。症状としては、風邪と似た症状が現れますが、人によっては無症状のまま過ごす場合もあります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー