原発性アルドステロン症

症状:血圧の上昇が主な症状として挙げられます。 他にも、倦怠感、筋力の低下、のどの渇きからくる多飲、多尿などの症状が現れます。


頸椎症

症状:首のこわばり、肩のこりが現れ、首や肩を手で押すと痛みが生じるようになります。 頭を前にしたり後ろに反らすと、肩や腕に痛みを感じます。


血精液症

症状:血精液症(けつせいえきしょう)では、男性の精液に血が混じるためピンク色または真っ赤になる、赤黒い点々が混じるなどの症状が現れます。


結核性髄膜炎

症状:症状の進行は亜急性(やや緩やか)ですが、今まで感じたことのないほどの激しい頭痛と発熱が特徴です。また、嘔吐のほか、首が硬くなるなどの身体障害が出ることがあります。進行すると意識障害や意識混濁などが現れます。


稽留流産

症状:自覚症状は現れません。


頸管無力症

症状:自覚症状はありません。


ケロイド

症状:皮膚の一部がひきつれて赤または赤褐色となり、その部分が隆起している状態です。


結節性紅斑

症状:脚に赤みを帯びたしこりが多数できるもので、何もしない状態でも痛みを伴う場合としこりを押すと痛みを伴う場合があります。


頚椎症性神経根症

症状:肩から腕、または手にかけてしびれや痛みを伴い、徐々に筋肉が萎縮します。


血栓症

症状:血の固まり(血栓)が血管をふさぐ疾患です。


頚椎後縦靱帯骨化症

症状:首がこわばって動かせる範囲が狭くなり、肩や背中、上腕や手にかけて痛みやしびれを伴う、手や指先の動きに違和感を持つなどの症状が現れます。 また、下肢が突っ張ったような感覚を持ち、もつれたり歩行が困難になることもあります。


血栓性静脈炎

症状:静脈に沿って赤くなる、腫れる、痛みを伴うなどの症状が現れます。


尿路感染症

症状:排尿時に痛みを伴う、頻尿、残尿感などの症状が現れ、腰痛や発熱などの症状が生じることもあります。


月経前緊張症

症状:イライラする、不安、不眠、頭痛、腰痛、下腹部痛、むくみ、乳房の張りなどの症状が現れます。 月経の数日前から生じるもので、月経が始まると症状は軽減または消失します。


肩鎖関節脱臼

症状:転倒、強打などによって肩に衝撃を受けた後に現れる症状で、押したり、腕の重さがかかるなどした際に強く痛みます。安静時にも痛みを伴います。


肩腱板断裂

症状:腕を上げる際に痛みを伴い、動かすときに雑音が聞こえるように感じるものです。


結膜下出血

症状:突発的に白目部分が赤く充血します。 異物感はありますが痛みは伴わず、目やになどの症状も現れません。


原発性胆汁性肝硬変

症状:全身に皮膚のかゆみが生じ、その後倦怠感などの症状が出てきます。 中年の女性に多い病気です。


原発性効果胆管炎

症状:皮膚のかゆみ、疲労感、全身倦怠感、上腹部痛、発熱、黄疸などの症状が続きます。


血友病

症状:はいはいする時期に膝や肘の皮下に血のかたまりができやすく、けがをした際に血がとまりにくいなどの症状が現れます。


血小板減少性紫斑病

症状:歯ぐきからの出血、鼻血、血尿、皮膚の点状出血、月経過多などの症状が現れます。


原発性アルドステロン症

症状:血圧が高くなり、めまい、頭重感、動悸などの症状が現れます。また、夜間に尿量が多くなったり、筋力の低下や不整脈が生じる場合もあります。


頚椎症性脊髄症

症状:肩から腕、脚にしびれが起こりますが痛みは伴いません。 進行すると排尿や排便時の異常を伴う場合があります。


頚椎椎間板ヘルニア

症状:首が痛み、その痛みは片側の上肢にかけて広がっていきます。症状は夕方になると強くなり、重症化すると両手両足にも痛みが及びます。


月経困難症

症状:月経が始まると生じる下腹部の痛み、腰痛、頭痛などをともなう場合があります。


結節性多発動脈炎

症状:症を起こしている部位により症状は異なりますが、食欲減退、関節痛、体重の減少、倦怠感などがあります。十度の場合には腎機能障害や視力障害などを引き起こす場合があります。


原発性ネフローゼ症候群

症状:起床時にまぶたや顔がむくみ、日中も立っていると足がむくんでくる症状が現れます。進行するにつれて全身に倦怠感を持ち、むくむ範囲も広がってきます。


頚椎捻挫

症状:首の後ろの痛みや頭痛、発熱、めまい、手足の痺れ、吐き気などの様々な症状が表れます。なお、症状は事故後すぐではなく1日程度経過した後に起こるのが一般的です。


結節性多発動脈炎

症状:症状は食欲不振や発熱、関節痛、倦怠感、尿蛋白などが比較的初期に現れ、症状が進行した場合は視力障害や脳梗塞、腎機能障害などを引き起こす場合もあります。


劇症肝炎

症状:一般的な劇症肝炎の症状としては急速な黄疸、記憶力の低下、錯乱、強烈な吐き気、振戦などが挙げられます。放置するとやがてこん睡状態となります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー