エンプティセラ症候群

症状:下垂体ホルモンの不足している量や種類によって現れる症状が異なります。 また、はっきりとした症状が現れない場合もあることから、発見が遅くなりやすい疾患でもあります。


A型急性肝炎

症状:A型急性肝炎(えーがたきゅうせいかんえん)はウイルスに感染してから2週間から1ヶ月、1ヶ月半の潜伏期間を経て発症します。


エプーリス

症状:歯と歯の間の歯肉に腫瘤が見られます。触れると痛みがあり、出血もします。特に若い女性に多い症状です。


嚥下障害

症状:食べ物を飲みこみにくくなたり、つかえたり、むせるといった症状が挙げられます。そのため、食事をするのに時間がかかるようになってしまいます。


エキノコッカス症

症状:肝臓に痛みを感じる、腹部に張りを感じる、などの症状が現れたり、咳や血痰が出る、胸痛を伴うなどの症状が現れる場合があります。


エボラ出血熱

症状:突発的な高熱、結膜炎、咽頭痛、筋肉痛、頭痛、下痢などの重度のインフルエンザによく似た症状が現れるもので、胸痛、腹痛、吐血、下血などの出血症状が現れることもあります。


MRSA感染症

症状:感染した部位によって症状の現れ方が異なります。


エプスタイン病

症状:顔、手、唇などが紫色になる、呼吸困難、むくみなどの症状が現れ、心不全を併発することもあります。


遠視

症状:遠くと近くの両方が見えにくくなります。 眼が疲れやすくなり(眼精疲労)、頭痛、肩こり、光をまぶしく感じるなどの症状が現れる場合もあります。


円形脱毛症

症状:毛髪が円形に抜けますが、痛みやかゆみなどは伴いません。


エイズ

症状:感染初期における特別な症状はありません。感染した後、急速なウイルスの増殖による免疫反応として一過性の発熱や頭痛、倦怠感、リンパの腫れといった症状がでることがありますが、無症状の人もいます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー