急性灰白髄炎

症状:急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん)では、その多くが自覚症状が現れません。 症状が現れる場合、感染後1週間から2週間の潜伏期間を経て、発熱、頭痛、のどの痛み、倦怠感、嘔吐など風邪とよく似た症状が続いた後、手足に弛緩性麻痺が生じます。


喉頭炎

症状:声がかれたり、咳や痰がでるようになります。また、モノを食べるときの痛み(嚥下痛)を伴うこともあります。


ヘルパンギーナ

症状:突発的な高熱が現れ、のどちんこ周辺に小さな水疱が生じます。


喉頭がん

症状:のどの違和感や声のかすれといった症状が見られ、進行すると血痰やのどの痛み、呼吸困難、喘鳴などが生じます。


ラッサ熱

症状:発熱、倦怠感が現れ、次第に高熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、咽頭痛、咳、胸痛、嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れるようになります。


エボラ出血熱

症状:突発的な高熱、結膜炎、咽頭痛、筋肉痛、頭痛、下痢などの重度のインフルエンザによく似た症状が現れるもので、胸痛、腹痛、吐血、下血などの出血症状が現れることもあります。


期外収縮

症状:脈が飛んだように感じる、のどや胸に違和感を感じるなどの症状が現れます。


過敏性肺炎

症状:発熱、咳、呼吸困難、疲労感、体重減少などの症状が現れます。症状が重症化した場合には痰に血が混じる、胸が痛みを伴う、動悸が生じるなどがみられる場合もあります。


マイコプラズマ肺炎

症状:乾いた激しい咳が出る、のどが痛むなどの症状が長期間続き、発熱、関節痛、目の充血などの症状が現れる場合もあります。


ウイルス性肺炎

症状:咽頭、喉頭などの炎症である上気道炎、続いて気管、気管支などの炎症である下気道炎が生じ、咳、痰、頭痛、発熱などの症状が現れます。


誤嚥性肺炎

症状:悪臭を伴う膿性の痰が出る、倦怠感、食欲低下などの症状が現れます。


びまん性汎細気管支炎

症状:痰が出る、息苦しくなるなどの症状が現れます。


かぜ症候群後遷延性咳嗽

症状:鼻汁、くしゃみ、発熱、のどの痛みなどのかぜの症状の後、咳が長引くものをいいます。


胃食道逆流性咳嗽

症状:痰の絡まない乾いた咳が特に空腹時や夜間に生じやすく、胸やけ、口が苦く感じるなどの症状が現れます。


咽頭アレルギー

症状:痰を伴わない乾いた咳と、のどの違和感が3週間以上続くものです。


副鼻腔気管支症候群

症状:呼吸にヒューヒューという音が混じる喘鳴、痰のからんだ湿った咳が8週間以上続くなどの症状が現れ、のどの違和感、微熱を伴う場合もあります。


アトピー性咳嗽

症状:のどに違和感がある、咳が出るなどの症状が3週間以上継続します。


咳喘息

症状:痰のない乾いた咳が3~8週間以上続きます。咳以外の症状は現れません。


症状:咳が出ます。


咽喉頭異常感症

症状:のどに何か詰まっているような異物感や不快感が現れます。


急性喉頭蓋炎

症状:のどが腫れて痛み、物が飲み込めなくなります。 高熱を伴う場合もあります。


慢性咽喉頭炎

症状:のどの痛み、咳払いなどの症状が長期間にわたって続くもので、のどが乾く感じや異物感などを伴うこともあります。


皮膚カンジダ症

症状:皮膚にピンク色の湿疹が現れ、強いかゆみを伴って広がるものです。 皮膚カンジダが発症するのは口内、指、爪、わきの下、乳房の下、外陰部など様々です。


舌咽神経痛

症状:舌の奥やのどに鋭い痛みを伴うものです。 物か噛んだり飲み込む際や、咳、くしゃみなどによって痛みは悪化します。


歯周炎

症状:歯が浮いたように感じます。 炎症が起きると腫れて痛みが増し、膿が出る場合もあります。


下咽頭がん

症状:のどの違和感、耳の奥に痛みを感じる、声が枯れる、首筋にしこりを感じるなどの症状が現れます。


中咽頭がん

症状:のどの痛み、物を飲み込むときの痛み、耳の奥の痛みなどの症状が現れます。


咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭を伴った鼻汁などの症状が現れます。 進行すると物が二重に見える、耳が詰まるなどの症状が現れることもあります。


急性副鼻腔炎

症状:片側の鼻が詰まる、黄緑がかった粘りのある鼻汁が出るなどの症状が現れます。 鼻の奥、頬、目の内側などに痛みを感じ、頭痛を伴う場合もあります。


上咽頭がん

症状:のどの違和感、鼻出血、悪臭のある鼻汁、耳詰まり感などの症状が現れ、進行すると頸部リンパ節に腫れが生じます。


扁桃周囲炎

症状:喉の痛みが強く、高熱が出たり、嚥下痛や食事や水も飲み込めないほどのどが腫れるため脱水症状を起こしやすくなります。重症化すると、口が開かなくなり話すことも困難になります。通常、痛みは片側だけです。


急性扁桃炎

症状:激しい喉の痛みや嚥下痛などが生じるほか、場合によっては耳の方向に痛みが広がることもあります。このほか38度以上の高熱や悪寒、全身倦怠感などの症状もあらあwれ、重症化した際にはリンパ節が腫れることもあります。


伝染性単核球症

症状:初期は発熱や喉の痛みといった症状が現れますが、1週間ほどたつと全身の発疹やリンパの腫れなどの症状が現れます。


咽頭炎

症状:発熱、喉の痛みなどが現れます。


慢性扁桃炎

症状:持続的な喉の違和感や痛み、発熱、倦怠感などが代表的です。習慣性の場合は高熱、強い咽頭痛と嚥下痛などが現れます。


風邪

症状:風邪の症状としては鼻水や、咳、のどや頭に痛みを伴う、発熱などが一般的で、このほかにも全身倦怠感、筋肉痛や関節痛、吐き気や嘔吐、下痢などを引き起こすこともあります。


慢性疲労症候群

症状:日常生活に対して不具合を生じるほどの強烈な疲労感や集中力の低下といった症状が見られ、人によってはリンパ節の痛みや喉の痛みなどを伴うことがあります。


自律神経失調症

症状:不定愁訴とよばれる全身症状がでるのが特徴です。全身症状については頭痛や耳鳴り、同期、のぼせ、多汗、便秘、疲労感などに代表されます。複数が一度に出る場合もあれば、次々と移り変わることもあります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー