薬物アレルギー

症状:アナフィラキシーショック(アレルギー反応のうちで最も激しい症状を示す状態)を示す場合や、発熱、薬疹(やくしん)が現れる場合があります。


薬剤性咳嗽

症状:ACE阻害薬という血圧を低下させる薬を服用した後に、痰の絡まない咳が出るようになるものです。


野球肘

症状:投球の動作をすると肘に痛みが生じ、徐々に肘の曲げ伸ばしが難しくなります。 成長期にボールを投げすぎるために起こるものです。


薬剤性大腸炎

症状:鎮痛薬や抗生剤などの薬剤を使用してから3日から4日経て、下痢、下血、慢性的な貧血、腹痛などの症状が現れるものです。


薬剤性難聴

症状:薬剤を服用した後に副作用として難聴や耳鳴りが生じるものです。


薬物による脱毛症

症状:抗悪性腫瘍薬などの副作用で毛が抜けるものです。


薬物依存症

症状:特定の薬物の乱用によって服用を制御できなくなり、疲労感、恐怖、妄想、幻覚、多幸感などの様々な精神障害が生じるようになるものです。


薬物性肝障害

症状:原因となる薬を服用した4週間以内に食欲不振、倦怠感、吐き気といった風邪に似た症状と黄疸(おうだん)といった急性肝炎と似た症状を引き起こします。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー