先天性胆道閉鎖

症状:生後の生理的な黄疸が消えずに強くなっていきます。 また、便は白くなり、尿は茶色っぽくなるなどの症状が現れます。


直腸ポリープ

症状:肛門に違和感を感じたり、排便後にも関わらずまだ便が残っているような感じがする場合があります。


外痔核

症状:肛門に腫瘤が生じ、出血しやすくなります。


肛門ポリープ

症状:ポリープが大きくなり、ポリープの根元が避けた場合は強い痛みと出血を引き起こします。


内痔核

症状:排便の際に痛みを伴わないのに出血がみられます。


直腸炎

症状:血液が混じった粘液の付いた便(粘便)が出る、血液が混じった便が出る(血便)、下痢などの症状が現れます。


O-157

症状:水様便(水のような下痢)、激しい腹痛などの症状が現れます。


裂肛

症状:排便時に痛みや出血などの症状を伴います。


裂頭条虫症

症状:腹痛、下痢などの症状が現れます。


血小板減少性紫斑病

症状:歯ぐきからの出血、鼻血、血尿、皮膚の点状出血、月経過多などの症状が現れます。


吸収不良症候群

症状:痢、腹痛、腹部膨満感、全身倦怠感、体重減少などが現れます。 他に、むくみ、口内炎、無月経、貧血、病的骨折、けいれん、皮疹などがみられることもあります。


胆管がん

症状:皮膚のかゆみ、食欲低下、体重の減少を伴った症状が現れます。 便が白っぽくなったり、尿が茶色っぽくなる場合もあります。


直腸がん

症状:血便や粘血便、排便障害、残便感などの症状が現れ、貧血症状が出る場合もあります。


播種性血管内凝固症候群

症状:出血しやすくなり、鼻血、血尿、性器出血、下血などの症状が現れ、重症化するとショックを起こす場合もあります。


腸重積症

症状:2歳以下の子供の多くみられ、突発的な激しい腹痛が見られ、このほかにも嘔吐、血便なども現れます。男児に多い病気です。


マロリー・ワイス症候群

症状:嘔吐やむかつき、吐血や血便が出るなどの症状が現れます。また、胸骨の下辺りに痛みを感じ、ショックを起こす場合もあります。


アメーバ赤痢

症状:慢性的な下痢、下腹部痛、血便などの症状を代表とします。


急性腸炎

症状:腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱などの症状が現れます。


肝硬変

症状:全身の倦怠感やむくみ、吐き気、皮膚の色素沈着などの全身性の症状を示します。また、さらに進行すると腹水や黄疸、肝臓の解毒機能が失われることによる意識障害などが引き起こされます。


鉄欠乏性貧血

症状:貧血は症状が息切れ、全身の倦怠感、動悸といった症状が代表的ですが、状態が進行するほどその症状も大きくなっていきます。


大腸がん

症状:早期の癌は無症状ですが進行により血便、排便異常、残便感、排便時の腹痛などの症状が現れます。


ウイルス性肝炎

症状:発熱、倦怠感、吐き気など風邪に似た症状で、黄疸がでることもあります。人によっては無症状のまま進行する可能性もあります。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー