安易な自己判断は重大な病気を見逃すこともあります。症状がある場合は医師にご相談ください。

急性間欠性ポルフィリン症の症状

急性間欠性ポルフィリン症についての説明です。前述の通り安易な自己判断はせずに、体調が悪いときは医師(専門医)に相談するようにしてください。

急性間欠性ポルフィリン症(きゅうせいかんけつせいぽるふぃりんしょう)では、強い腹痛、便秘、下痢、腹部膨満感、嘔吐、痙攣(けいれん)、発汗、瀕脈、高血圧、ヒステリー、不安、錯乱、運動まひ、知覚障害などの症状が現れます。
これらは発作的に生じるもので、現れた症状は数日から数週間以上続くこともあります。

 

急性間欠性ポルフィリン症の原因

急性間欠性ポルフィリン症とは、ポルフォビリノーゲンデアミナーゼ酵素が欠けることで生じる疾患です。
通常、このポルフォビリノーゲンデアミナーゼが欠けていても症状が現れないことがほとんどですが、ホルモン、薬、食事などの特定要因が症状を促進し、発症にいたることがあります。
男性よりも女性に多くみられるもので、発症の原因としては遺伝子が関係しています。

スポンサーリンク

 

急性間欠性ポルフィリン症の治療法

急性間欠性ポルフィリン症の症状が強く現れている場合は、点滴にてヘムが投与されます。
発作を促進または誘発するような薬の有無や食生活を調べる必要があります。

スポンサーリンク

急性間欠性ポルフィリン症に関するQ&A

Q&Aの内容は関連する情報をYahoo知恵袋より提供を受ける形で提示しております。回答の内容は必ずしも専門医や医療関係者によりもたらされた情報であるとは限りません。また、内容について不適切な情報であるケースもあります。
不適切なQ&Aを見つけた方はお手数ですが「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡いただけると幸いです。その際は該当するURLも教えていただけると助かります。

発作があるのに何が原因だかわかりません。数年前に何だか息苦しいような胸が苦しいような違和感が突然出てきて、暫くしたら胃を握り潰されたような痛みと胸を象の足で踏み …

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー