胆道感染症

症状:胆道感染症(たんどうかんせんしょう)では、急性胆道感染症の場合と慢性胆道感染症の場合で現れる症状が異なります。


前立腺がん

症状:初期段階は無症状ですが、徐々に尿の出が細くなって時間がかかります。 症状が進行すると、血尿が出たり、尿が出なくなるなどの症状が現れるもの場合もあります。


慢性前立腺炎

症状:残尿管、頻尿、排尿時に痛みを伴うなどの症状が現れます。 性欲の減退、早漏などが伴う場合もあります。


腎臓結石・尿管結石

症状:突発的に腰やわき腹から下腹部にかけて鈍い痛みを伴うものです。


膀胱炎

症状:頻尿、排尿時に痛みを伴う、残尿感などの症状が現れ、尿がにごったり、血が混じることもあります。


慢性膵炎

症状:腹部痛、腰背痛、吐き気、嘔吐、腹部の膨満感、全身倦怠感、黄疸、下痢などが現れます。


子宮内膜症

症状:月経時の強い痛み、過多月経、月経時以外での出血、性行時の痛みなどの症状が現れます。


急性胃腸炎

症状:突発的な下痢や嘔吐、腹痛などの消化器症状を総称したものです。一過性のものを指し、主に嘔吐は胃炎によるもの、下痢は腸炎による症状です。


急性前立腺炎

症状:尿道や下腹部に不快感や鈍い痛みを感じ、尿が濁ります。その後、排尿の終わりに尿道が熱く感じたり、強い痛みを感じるようになり、残尿感から頻尿などの症状が現れます。


急性膵炎

症状:腹痛が主症状とされ、次第に腹痛が背中にまで広がります。さらに嘔吐、発熱、黄疸といった症状が見られることもあります。


腎盂腎炎

症状:突然の腹痛や背中の痛み、吐き気、排尿痛などの症状も挙げられます。


腎臓がん

症状:初期段階での自覚症状はありませんが、尿検査を行うと微量の血尿が確認されることがあります。症状が進行すると、疼痛や腫瘤などが主な症状とされますが、これらの症状は比較的進行がんにおいて確認されるのが一般的です。


膵がん

症状:症状は初期段階では現れにくいですが、食欲不振、体重の減少、腹痛、背中の痛みなどの症状が現れます。膵頭部にがんができている場合は黄疸が現れます。


急性腎不全

症状:腎臓機能の急速な低下により尿量が大幅に減少します。それに伴い、老廃物が対外に排出されないことから、むくみや全身の倦怠感、食欲不振などが見られます。進行した場合には嘔吐感や高血圧、意識障害なども引き起こします。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー