感覚異常性大腿神経痛の症状

感覚異常性大腿神経痛は、大腿(ふともも)の外側にしびれや痛みを生じます。
それが膝関節や下肢、人によっては大腿の内側やおしりの部分にまで広がっていきます。
腰痛や股関節痛を伴うこともあり、症状が進行すると歩行も困難になります。

 

感覚異常性大腿神経痛の原因

感覚異常性大腿神経痛は、大腿外側にある神経が圧迫されるために症状が現れるものです。
圧迫される原因が不明とされる症例も少なくありませんが、きついベルトやコルセット、矯正下着、ジーンズなどの着用が原因です。

 

感覚異常性大腿神経痛の治療法

症状が軽い場合は安静と原因除去によって治療が行われますが、痛みが強い場合には痛みを起こしている神経や神経根に局所麻酔薬やステロイド薬を注入して傷みを遮断する神経ブロックが行われます。

感覚異常性大腿神経痛に関するQ&A

Q&Aの内容は関連する情報をYahoo知恵袋より提供を受ける形で提示しております。回答の内容は必ずしも専門医や医療関係者によりもたらされた情報であるとは限りません。また、内容について不適切な情報であるケースもあります。
不適切なQ&Aを見つけた方はお手数ですが「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡いただけると幸いです。その際は該当するURLも教えていただけると助かります。

異常感覚性大腿神経痛かもしれません。腰から太ももが触れるとビリビリきたり、締め付けると痛くなくなります。ちょうどジーンズのベルト部分があたる右腰くらいから下腹、 …
整形外科疾患に詳しい方、またまた教えて下さい。 …
右の太ももに痺れ …

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。「頭痛 吐き気」などのように、現在の症状を入力することでも検索ができます。このほか、病名などでも検索可能です。検索結果はこの下に表示されます。

病気診断.netカテゴリー