安易な自己判断は重大な病気を見逃すこともあります。症状がある場合は医師にご相談ください。

楽器の処分方法で、全体最適にできるようにするには、どの方法が最 …

2015年07月05日 Q.質問
楽器の処分方法で、全体最適にできるようにするには、どの方法が最適でしょう? . (長文ご容赦願います) ■ 一昨年の秋、ここ知恵袋のROMをやめて、回答するようになった者です。きょうは、楽器の処分についての良い方法があったら、教えてください、という質問(?)です。 この年末、58歳になる者です。「親の家を片付ける」という本を読んで、考え込んでしまいました。自分のギターとベース等の楽器のことを。 まず、15年前に十二指腸潰瘍を2回患ったのを始め、現在では、両手の指の数では収まらない数の病気持ちになりました。十二指腸潰瘍は抗生物質の内服で治りました。 他に、de□ression が長々と続いていますし、脂肪肝、高血圧症、睡眠時無呼吸症候群、胆石2個、心臓の頻脈、高尿酸血症、脳梗塞、逆流性食道炎、……と続き、痛風も発病ギリギリだし、診察はまだですがじゅうぶんに怪しい疾病は頻尿です。 このあたりの心配事を予想すると、70~75歳くらいまでの余命でしょう。 ■ しかしながら、ギターを初めとする楽器のうまい処分方法が見いだせずに悶々としております。 現有の楽器は以下の通りです。 、量産エレキ5本、Martinアコギ2本、自作したエレキ4本、エレキ用ハードウェア1本ぶん、80Wの2段積みギターアンプ、20Wのギターアンプ。5Wのモニターアンプ、それにCASIOの電子ピアノが1台とギター自作関係の書籍数冊(英語のみ)。 自分の子供らは楽器なんかには興味はないし、勤務先の会社内で引き取って有効に使ってくれそうな人はいないし、お向かいのお嬢さんは30歳前でお嫁入りが先決でしょう。 「売る」といっても、楽器のど素人が女房息子達で店舗を見つけ、買い取り額を見繕ってもらっても、金額が出るのは量産楽器だけでしょう。 それで、自分で考えた案は以下の通りです。 1.近所の市立中学校か、やはり近所の県立高校か、に寄付する。 2.甥っ子が一人、ベースを趣味にしているので、全部贈呈する。 3.量産楽器のみをオークションに出品する。自作品は?? 4.楽器好きの悪友に譲る。約800kmを運ばなければならないが。 5.火葬してもらう時に、楽器を全て炉の中に放り込んでもらう。 回答ですが、冷やかしや冗談は別の機会にしていただき、良案をお持ちの方、経験者の方、よろしくお願いいたします。 ただし、「俺にくれ!」は全数無効とします。
2015年07月11日 A.回答
こんにちは、i8000336さん。 ご存知かも知れませんが、アコースティック、エレクトリックともに多くのギターを所有・愛用しています。 アンプの数もはんp 私が死んだ時のギターの処遇はおおよそ決まっています。 伝手を頼って紹介頂いた若手のギタリスト(プロ・アマ問わず)に無償で譲るぶん。 この30年間以上、ずっと私のギター道楽を支えてくれた馴染みの楽器店へに適価で譲渡するぶん、そしてその代金は家族へ相続します。 何よりも、こんな道楽者の暮らしっぷりに目をつぶり、好き勝手をやらせてくれた妻に、もっとも多く遺せるように資産目録を更新し続けています。(いつ何が起こるか分からないので定期的に更新し、間違いが起こらぬように公正証書化しています。 ちなみにギターは火葬しません。 自分が「このギターは鳴りもトーンも良い!」と見極めて購入し、愛用してきた楽器です。 灰にするわけに行きません。 39年のMartin D-28や69年のD-45、そしてLes Paul。 ある意味私だけのモノではないギター弾き共通の遺産クラスだと思います。 私のような道楽者に燃やしてしまう権利は無いと思っています。 若い才能に譲るか、家族に遺すか、妻に遺します。(託します) ギターは、【本当に壊れてしまうまで楽器でいて欲しいんです】。 これが私のギター道楽の終わり方です。 へんな奴とお思いかも知れませんが、必死で考えた答えです。 少しでもご参考になりましたら幸いです。

【ご注意下さい】
本ページのQ&Aの内容は関連する情報をYahoo知恵袋より提供を受ける形で提示しております。回答の内容は必ずしも専門医や医療関係者によりもたらされた情報であるとは限りません。また、内容について不適切な情報であるケースもあります。
病気に対する具体的な相談は専門医・医師に行って下さい。
なお、不適切なQ&Aを見つけた方はお手数ですが「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡いただけると幸いです。その際は該当するURLも教えていただけると助かります。

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN  

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー