安易な自己判断は重大な病気を見逃すこともあります。症状がある場合は医師にご相談ください。

『喫煙』より『嫌煙』の方が体に悪いのでは? . よく『タバコは体に …

2014年03月12日 Q.質問
『喫煙』より『嫌煙』の方が体に悪いのでは? . よく『タバコは体に悪い!』と言われます。 しかし僕はふと思ったのですが、嫌煙の方が体に悪いのではないでしょうか?【質問】 喫煙カテの嫌煙者様の言動を拝見する限り、嫌煙者様は総じて病的なほど神経質です。 遠くの微かなタバコの臭いを感じ取ったり、それにより具合が悪くなるとか主張したり、ファミレスの店員の言葉尻にすら敏感に反応するほどの超神経質です。 過度な神経質は様々な病気を併発するもので、精神面から来る病気には多様な病気があります。 頭痛・偏頭痛・ハゲ・白髪・難聴・耳痛・耳鳴り・白内障・緑内障・結膜炎・乱視・近視・遠視・口臭(笑)・歯槽膿漏・扁桃腺・喘息・関節炎・神経痛・猫背・骨折・骨髄炎・呼吸障害・肺炎・気管支炎・肺気腫(笑)・心臓傷害・心臓発作・貧血・高血圧・胃炎・肝炎・肝臓傷害・痔・便秘・下痢・にきび・発疹・激痛・発熱・かゆみ・吐き気・癌・アレルギー・拒食症・過食症・リュウマチ・花粉症・不眠症等々・・・。 ほぼ全ての病気を誘発しますね。 嫌煙者様がよくネタに使う“癌”・“口臭”・“肺気腫”もしっかりその中に含まれております。 嫌煙者様は『煙草の害』だの『喫煙者は短命』だのと述べる前に、嫌煙である自分自身の過度な神経質による病気の心配をした方が良いのではないかと思うのですが、如何でしょうか?
2014年03月19日 A.回答
タバコを吸わないだけなら、健康にはいいかもしれませんが、タバコを吸わないと同時に、嫌煙であるという事は、身体に悪いことがあるかもしれません。 嫌煙の方は、嫌煙(タバコ)の事ばかり考えているばかりに、何かとストレスがたまりやすい体質になっています。 ちょっとでもタバコの煙に晒されようものなら、気が狂いそうなほど大騒ぎするからです。 そこでストレスが発生するのです。 過去何回もテレ朝『たけしの本当は怖い家庭の医学』を観てきましたが、喫煙が病気の要因として取り上げられる事もありますが、一番数多く取り上げられている病気の要因はストレスだったような気がしています。病気関連特集のNHK『タメシテがってん』なんかでも同様な傾向がみられています。 様々な病気の要因としては、喫煙が含まれて説明される事もありますが、実はそれよりも、数多く言われているナンバーワン項目は、ストレスなのです。 タバコを吸いたくなる以上は、それ自体がストレスだという人もいますが、喫煙することによって、そのストレスも消滅するほうへ導かれますから、喫煙に関してはストレス解消になるという逆説も存在するのです。 なんて言ったって、現代社会においては、一番身体に悪いのはストレスであり、それを感じやすい体質になっているのは、いつも、タバコの事ばかり考え、その事に神経質になっている、嫌煙者であるとも言えなくもなく、それゆえに、チキュウジンさんの言っている事も、まんざら嘘とは言い切れない部分は確かにあると思いますね。

【ご注意下さい】
本ページのQ&Aの内容は関連する情報をYahoo知恵袋より提供を受ける形で提示しております。回答の内容は必ずしも専門医や医療関係者によりもたらされた情報であるとは限りません。また、内容について不適切な情報であるケースもあります。
病気に対する具体的な相談は専門医・医師に行って下さい。
なお、不適切なQ&Aを見つけた方はお手数ですが「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡いただけると幸いです。その際は該当するURLも教えていただけると助かります。

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN  

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー