子宮肉腫

症状:子宮肉腫(しきゅうにくしゅ)は発症初期ではあまり症状は現れません。 病気が進行すると生理時以外の出血(不正出血)、下腹部の違和感、腹痛、腹部膨満感などの症状が現れます。


外陰がん

症状:外陰がん(がんいんがん)では、月経時以外の出血、おりもの、外陰の痛み、かゆみ、外陰部分の皮膚荒れなどが挙げられます。


絨毛膜羊膜炎

症状:症状が現れないものから、発熱、下腹部痛、悪臭のあるおりものが出るなど様々です。検査によりわかる病気です。


子宮内膜炎

症状:悪寒を伴う下腹部の不快感、下腹部痛、微熱などの症状が多く見られますが、不正出血や子宮の違和感、おりものの増加などの症状も挙げられます。


子宮頚管炎

症状:白や黄色の膿のようなおりものが出る、下腹部や腰に痛みが生じるなどの症状が現れることがあります。


膣トリコモナス症

症状:急に悪臭のあるおりものが増え、外陰部に強いかゆみを伴います。


子宮頸部ポリープ

症状:、おりものが茶褐色になる、性交時や排便の際に出血を伴うなど月経時以外に出血がみられたりするようになります。


萎縮性膣炎

症状:外陰部がただれる、おりものが黄色っぽくなる、血が混じる、悪臭を伴うなどの症状が現れることがあります。


非特異性膣炎

症状:悪臭を伴った黄色のおりものが出る、下腹部に痛みを伴うなどの症状が現れることがあります。


淋病

症状:女性の場合、おりものの量が増えて、外陰部にかゆみを伴います。 男性の場合、尿道口が赤くただれて、排尿時に激しい痛みを伴います。


膣カンジダ

症状:外陰部が痛みを伴って赤く腫れます。 また、チーズや酒かすのような白いおりものが混じるようになります。


子宮頸がん

症状:月経時以外の出血、おりものなどを伴った症状が現れます。 症状が進行すると下腹部に痛みを伴います。


子宮付属器炎

症状:下腹部に不快感や痛みを感じるなどの症状が現れ、発熱やおりものの量が増えるなどの症状が現れる場合もあります。


卵巣嚢腫

症状:卵巣腫瘍は初期の段階では症状は出ませんが、嚢腫が大きくなるにしたがって、腹部膨満感、腹痛などの症状が現れ始めます。進行すると激しい腹痛や嘔吐、残尿感、頻尿などが生じることもあります。


骨盤腹膜炎

症状:吐き気、下腹部痛などとされています。また、悪寒を伴う39度以上の発熱も特徴的です。慢性期になると、骨盤内の臓器が癒着し、腹部の膨満感や下痢、便秘などの症状も見られるようになります。


尿道炎

症状:排尿時に痛みや尿道が熱いと感じるような症状が現れます。女性が尿道炎になった場合は、黄色~白いおりものが出ます。


スポンサーリンク

 

 

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー