安易な自己判断は重大な病気を見逃すこともあります。症状がある場合は医師にご相談ください。

光接触皮膚炎の症状

光接触皮膚炎についての説明です。前述の通り安易な自己判断はせずに、体調が悪いときは医師(専門医)に相談するようにしてください。

光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)とは、肌が光に当たると発疹、発赤、腫れ、痒み、水疱などの症状が現れます。
光に当たった部分にのみ症状が現れるもので、光毒性接触皮膚炎、光アレルギー性皮膚炎とに大別されます。

 

光接触皮膚炎の原因

光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)とは、ある物質が接触した皮膚に光が当たることによって皮膚に炎症が生じます。
化粧品や外用薬、湿布などが原因となることが多いようです。

スポンサーリンク

 

光接触皮膚炎の治療法

光接触皮膚炎(ひかりせっしょくひふえん)では、肌の異常がみられた場合にすぐにアレルゲンとなっている物質を除去することが重要です。
光パッチテストで陰性か陽性かを判断します。
またステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などを用いた薬物療法が行われます。
症状が現れている部分を光に当てないことが大切です。
治療が完治した場合でも強い光に当たることで再び症状が現れることがあるので、十分な注意が必要といえるでしょう。

スポンサーリンク

光接触皮膚炎に関するQ&A

Q&Aの内容は関連する情報をYahoo知恵袋より提供を受ける形で提示しております。回答の内容は必ずしも専門医や医療関係者によりもたらされた情報であるとは限りません。また、内容について不適切な情報であるケースもあります。
不適切なQ&Aを見つけた方はお手数ですが「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡いただけると幸いです。その際は該当するURLも教えていただけると助かります。

モーラステープの副作用にて、いわゆる光接触皮膚炎になりました。治癒期間と跡が残るか知ってる方いましたら教えて下さい。 …
先日、よく晴れた昼間にダイエットと日光浴を兼ねてウォーキングしました。すると23時頃から喉が痛くなり、熱が出て風邪の症状になりました。翌朝には37.5度の熱にな …

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー