安易な自己判断は重大な病気を見逃すこともあります。症状がある場合は医師にご相談ください。

エンプティセラ症候群の症状

エンプティセラ症候群についての説明です。前述の通り安易な自己判断はせずに、体調が悪いときは医師(専門医)に相談するようにしてください。

エンプティセラ症候群では、下垂体ホルモンの不足している量や種類によって現れる症状が異なります。
また、はっきりとした症状が現れない場合もあることから、発見が遅くなりやすい疾患でもあります。
副腎皮質刺激ホルモン不全が生じている場合は、副腎不全が生じるために全身倦怠感、食欲不振、低血糖、意識障害などが現れます。
甲状腺刺激ホルモン不全が生じている場合、甲状腺機能低下症が生じるために全身倦怠感、悪寒、皮膚の乾燥、脱毛、集中力の低下、記憶力の低下などの症状が現れます。
乳児から成人まで男性・女性を問わずに発症するもので、女性の場合は月経異常が、男性では性欲の低下などがみられます。
また、男女ともに不妊の原因となる場合があります。
成長ホルモン不全が生じている場合、低血糖、低身長、筋肉量の低下、体脂肪の増加、倦怠感などの症状が現れます。

 

エンプティセラ症候群の原因

エンプティセラ症候群とは、頭蓋骨にあるトルコ鞍(とるこあん)という骨のくぼみを分離する脳周囲の脳脊髄液を正常に保つ役割を担っている保護組織に障害が生じる疾患です。
障害が生じることによって、脳脊髄液が下垂体とトルコ鞍の壁を圧迫するために、下垂体は縮小し、トルコ鞍は拡大していきます。
発症は先天性の場合、原発性の場合、手術や外傷などが原因となる場合があります。
肥満で高血圧を持つ中年の女性に発症しやすいとされています。

スポンサーリンク

 

エンプティセラ症候群の治療法

エンプティセラ症候群が単独で発症している場合は特に治療の必要は無いとされています。
発症の原因とのなっている外傷、腫瘍、炎症が生じている場合はそれらに対した治療が必要となります。
また、下垂体ホルモンの分泌低下がみられる場合には、ホルモンを補充する治療が行われます。

スポンサーリンク

エンプティセラ症候群に関するQ&A

Q&Aの内容は関連する情報をYahoo知恵袋より提供を受ける形で提示しております。回答の内容は必ずしも専門医や医療関係者によりもたらされた情報であるとは限りません。また、内容について不適切な情報であるケースもあります。
不適切なQ&Aを見つけた方はお手数ですが「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡いただけると幸いです。その際は該当するURLも教えていただけると助かります。

エンプティセラ症候群 エンプティセラ症候群と診断され、今度ホルモンの検査をしますが…この病気は何なんでしょうか? 調べても、なかなか出てきませんでしたので質 …

 

Webサービス by Yahoo! JAPAN

 


キャッシュ使用
病気情報を検索することができます。

病気診断.netカテゴリー